杉野服飾大学 大学案内2020
71/96

STUDENT'S VOICE入学前はコスチュームに興味があったのですが、1年次に基礎を学んでみて「やはりリアルクローズの方が自分には合っているのではないか」と思い直し、アパレルクリエーションへ。大量生産を視野に入れたこの分野では、縫製をシンプルにするために、パターンの引き方に正確さが求められます。そこが魅力であり、苦労する点でもあります。パターン作成には服づくりの面白さと大変さが詰まっています月火水木金123ファッション画卒業制作スーツジャケット(工業用パターンとテクニック)452年次(後期)服飾学科2年白井 星梨奈東京都/大島高等学校出身専門科目PICKUP社会貢献プログラム社会人になるための準備として受講。児童センターでは子どもの目線になって考えることの大切さを知りました。サブ科目PICKUPパンツ(工業用     パターンとテクニック)GRADUATIONWORKテーマは「ワーク」。ロックが好きでちょっとクレイジーな人というキャラクターを設定してイメージを膨らませました。女性モデルが着ることを考えてやわらかい布を使い、ペイントやイラストを施してポップに表現しました。作品のポイント■…コア科目 ■…サブ科目/専門科目月火水木金土1コスチューム論2社会貢献プログラムファッション販売演習3アパレルクリエーションマーチャンダイジング論パンツ(工業用パターンとテクニック)特別アワー(月1回)45ショップディスプレイ2年次(前期)普段からパンツスタイルが多いので、自分が着ている服の構造を知りたいと思い選びました。つくりたい服のイメージを膨らませるため、Webや雑誌で情報収集を頑張りました。70SUGINO FASHION JUNIOR COLLEGE

元のページ  ../index.html#71

このブックを見る