杉野服飾大学 大学案内2020
59/96

私たちと一緒に夢を実現しましょう!1年次に集中して基礎を学び、2年次に「ドレスクリエーション」「コスチュームクリエーション」「アパレルクリエーション」という3つの分野から自分のつくりたい服の核となる1分野を選択します。さらに自由に選択できるサブ科目や専門科目から、目指す方向に合った科目を必要なだけ履修することができます。自由に履修できることで自分らしい学びを主体的に構築することができます。デザイナーやパタンナー、縫製技術者、コスチューム業界など目指す職種に向けた科目を学びながら、未来への広がりを可能にする教育システムです。学修サポート学習ポートフォリオとは、学生自身が授業の進捗状況と学修内容(文章表現・ビジュアル表現)をデジタルで記録する新しい教育システムのこと。時間割や課題の提出日など、スケジュール管理に生かせるほか、例えば課題のレポートを学習ポートフォリオにアップして教員に提出するなど、多様に活用することができます。また、学修履歴を蓄積することで授業ノートのように学修内容を整理でき、同時に自分の成長過程も振り返ることが可能です。教室での対面教育だけではなく、授業をどのように理解したかを学生本人が理解するための教育サポートツールです。本学ではクラウド型双方向学修支援システム「manaba folio」を導入し、学内外での学修のさまざまな場面に活用しています。学生生活をスムーズに始めるために入学前講座新入生のためのウォーミングアップ学習基礎相談したいときにはいつもそばにいます担任制・個人面談新しく始まる学生生活。授業についていけるか不安…。そんな不安を解消し「ものをつくる」楽しさを知ってもらう、それがこの講座の目的です。入学後の短大生活がイメージできるように服づくりには欠かせないミシン講習、その講習を生かした制作実習を行い、楽しみながら感性教育に取り組みます。新しい友達や教職員と交流しSUGINOの学生生活を感じてください。学生生活を有意義に送るための学修の基礎をさまざまなプログラムで体験しながら学びます。SUGINOの学生に求められるものは何か、学修の仕方やその姿勢からコスチューム制作、緊急避難場所(林試の森公園)までのオリエンテーリング、学習ポートフォリオの基礎など、授業開始までの1週間を通して新しい友達や先輩と交流しながらSUGINOに馴染んでいきます。1・2年次とも担任制を取り入れています。学生生活のサポート、授業や友人関係の悩み、就職についてなど、学生部・教務部・就職部などとは違った視点のアドバイスが得られます。また、学習ポートフォリオの中でも担任とコンタクトが取れます。4月・9月の学期の初めには個人面談をし、現在の状況や課題、進路についてなど相互理解を深めながら話し合います。最新の学修支援システム学習ポートフォリオグループでも共有することができます。課題や作品を相互に閲覧、評価することで学修の効果が高まります。また、掲示板機能を用いることで情報共有も可能です。グループでの学修学生部・教務部・就職部なども学内掲示板として活用しています。職員によるサポート提出作品や資料データなどをマイページに保存することで、学修や課外活動の振り返りができます。自己評価を通して自発的な学修を促します。活動の振り返り、自己評価学生のマネジメントのほか、科目別に情報を発信したり意見を交換したりする際に使用します。課題の提出や週間活動記録も確認しています。担任や教員とのやりとり●…主要担当科目本間 一郎●ドレーピング& パターンメーキング笹部 小百合●ドレス造形 (製図・実習)吉川 玲子●アパレルクリエーション●ドレス造形(製図)水上 雅子●体育●健康科学井口 多恵子●ドレスクリエーション●ドレス造形(実習)田原 美津子●アパレルクリエーション●ドレス造形(実習)森田 裕子●コスチューム クリエーションTEACHINGSTAFF58

元のページ  ../index.html#59

このブックを見る