杉野服飾大学 大学案内2020
44/96

方向性・距離・時間などから空間を把握するグラフィックデザインの基礎力を身につける実社会でのコミュニケーション力を高める身体表現 Ⅰ ‒基本の動き‒グラフィックデザイン Ⅰプレゼンテーション論ウォーキングを中心に空間把握能力を養います。自身がモデルをしたり、モデルのパフォーマンスを演出したり、舞台装置の作製、スタッフとして行動するなど、作品を生かす表現を実践的に身につけていきます。服飾表現に欠かせない「写真」を学ぶ写真表現撮影、画像加工、画像表現の過程を通し、撮ること、撮られること、撮るための環境、伝えることの能力を身につけます。技術の修得だけでなく、撮る視点を意識して、イメージを伝達することを工夫していきます。魅力的に「魅せる」「伝える」を学ぶ服飾表現概論あるときは身体を使い、あるときは非現実の空間に対し、情報という信号で服飾の魅力を「伝える」現場。刺激的なクリエーションはここから始まっているといっても過言ではありません。ファッションの現場での新たな展開と発展を遂げる表現の世界の可能性を知り、考えます。一つの紙面のデザインにより創作者の意識、世界観が見る人にスムーズに伝わることに重点を置きながら、デジタルソフトを使って、ポスター、カタログ、パンフレット、ポートフォリオなどを制作します。円滑なコミュニケーションに不可欠な要素①外見=服装・みだしなみ、立ち居振る舞いなどの視覚的情報、②口調や話す速さ、イントネーションなどの聴覚的情報、③話の内容である言語的情報が伝わるように精度を高めていきます。服飾表現学科服飾学部初歩から体系的に学べるカリキュラムで服飾造形がまったくの未経験でも安心して学べます。5つの専攻分野に共通する基礎知識も同時に学んでいきます。1年間の初年次教育課程PRESENTATION43

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る