杉野服飾大学 大学案内2020
35/96

2年次3年次学びについてトレンド・ニーズ・ウォンツを知る実社会での製品化に向けて伝える技術を磨くチーム力を引き出すコミュニケーション市場調査ファッションビジネスの成功事例を学ぶ特別講義を実施プレゼンテーション企画書作成ミーティング講義を中心にファッションビジネスの専門知識、基礎力を身につけます。業界の第一線で活躍しているトップリーダーをゲストスピーカーとして招き、現場の声を聞きながら理解を深めていきます。顧客を知り、顧客にあった商品・サービスを提供するために市場(マーケット)・製品・価格・広告・販売・販売経路などの情報を収集・分析します。元スターバックス コーヒー ジャパン(株)の関根 純氏やクールジャパン機構の太田 伸之氏を講師にお招きし、ビジネスの取り組みについてお話しいただきました。学生たちは成功要因を解明し、ファッションビジネスの成功事例として貴重な講義を体験しました。企画商品を製品化するための最終段階が企業に向けてのプレゼンテーション。綿密で分かりやすい資料と説得力のある話で多くの共感の獲得を目指します。これまでに集めた市場や顧客に関するデータをもとに導き出した商品やサービスなどを企画書にまとめます。視覚的に訴える効果的な技術や手法を学びます。チームで自由にアイデアを出しあいます。それぞれの思考力、発想力、協調性、コミュニケーション能力、問題解決能力、人間性が磨かれます。チームごとに企業との「産学連携」プロジェクトに取り組み、企画提案から商品化までを目指します。さまざまな工程の中で現場を実体験しながら、ファッションビジネスの現状・実態を学んでいきます。専門知識・基礎力を身につける実務・実践力を身につける4年次大学4年間の集大成として、社会人に向けてのキャリアアップ、基礎能力、即戦力としてのスキルを身につけます。卒業論文Ⅰ・Ⅱの課題(企業研究・研究論文)を仕上げ、発表します。社会人としての準備と即戦力を身につける3年間の流れと主な科目●消費者行動論 Ⅰ●ビジネスプレゼンテーション技法 ●企業会計入門●グローバルマネジメント特論 Ⅰ・Ⅱ●ファッションエディトリアル Ⅰ●ファッションマーケティング論●ブランド・マネジメント論●プレゼミ●コミュニケーション論●新製品(商品)開発論●生産管理論 ●ファッション・ショップ店長論●リテールマーチャンダイジング●「産学連携」プロジェクト演習 Ⅰ・Ⅱ●トレンド分析とディレクション制作●バイヤーの実践学●ファッション・バイヤー論●ファッションMD評価システム●卒業論文 Ⅰ・ⅡCURRICULUMデニム紡績会社、カイハラ(株)を訪問し、デニムが綿花(世界各国)→糸→染色→生地になるまでの流れや歴史を学修。本社で藍染体験を行いました。(株)西江デニムでは、洗い加工・ダメージ加工の工程を見学。産地ブランド、今治タオルのコンテックス(株)では、糸からタオルができるまでの工程と直営ショップを見学し、素材の知識を深める研修になりました。ジャパンクオリティーに触れる特別研修研修旅行 カイハラ(株)、(株)西江デニム、コンテックス(株)FOCUS(株)ジャパンイマジネーション(アンクルーズ店舗)(株)オンワード樫山本社にて(株)オンワード樫山 「シェアパーク」企画、デザイン、生産担当者と学生チーム打ち合わせ左:スターバックス コーヒージャパン(株)/元代表取締役最高経営責任者 関根 純氏右:(株)海外需要開拓支援機構 クールジャパン機構/代表取締役社長 太田 伸之氏(株)オンワード樫山「シェアパーク」に向けた企画書づくり34SUGINO FASHION COLLEGE

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る