杉野服飾大学 大学案内2020
31/96

2年次4年次学びについて実践的な工程を通してデザイン能力を高める企業のものづくりに直接携わる作品をPRするメディアデザイン生活の中におけるプロダクトデザインを考える金属素材を扱うファッションプロダクトデザイン Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ産学連携プロジェクト(商品化)デジタルデザインワーク Ⅰ・Ⅱ・Ⅲプロダクトデザイン演習 Ⅰ・Ⅱマテリアル実習 Ⅰ・Ⅱデザインの発想の方法、デザイン画の描き方、モックアップの制作などデザインの基礎的な技法について学修します。アクセサリー、キーホルダー、革小物などを制作します。バッグや帽子、アクセサリー、その他ファッショングッズのデザインと制作を行います。市場調査に始まり最終モックアップ(模型)に至るまでのプロセスを通して、徹底的にデザインを追究し、実物制作へとつなげていきます。Illustrator、Photoshopなどのグラフィックデザインソフトを使い、パソコンのスキルを徹底的に身につけます。同時にファッションプロダクト製品のカラープランニングも行い、出来上がった作品のコマーシャルポスターを制作します。デザインの方法(発想・展開・定着・表現・伝達)を実践的に理解します。Ⅰは平面の構成力に重点を置いて、デザイン訓練を行い、実素材の特性を体感します。Ⅱでは立体の構成力を養い、プロダクトデザインの可能性を探ります。主に金属素材を用い、アクセサリーをはじめ、ファッション雑貨を制作します。金属という素材は扱いにくいと思われがちですが、修得した技術を応用することで、さまざまなファッショングッズの制作にトライします。デザインの社会的役割を認識した上で制作を行います。専門教育課程の各科目を通して学んだ全ての知識、技術、手法を駆使し製品化を目指します。デザインの基礎を身につける3年次バッグ・帽子・アクセサリーを中心にデザインから制作まで行います。企画から最終モデルまでのデザインプロセスを通し、段階的に学修していきます。プロダクトデザインの基礎を身につける製品化に向けてデザインをする3年間の流れと主な科目●ファッションプロダクトデザイン論●ファッションプロダクトデザイン Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ●デザインプロセス●アクセサリーデザイン●デジタルデザインワーク Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ●プロダクトデザイン演習 Ⅰ・Ⅱ●ファッションプロダクトデザインゼミ●マテリアル実習 Ⅰ・Ⅱ●卒業制作 Ⅰ・ⅡCURRICULUMFOCUSゼミ(株)ビューテックス×杉野服飾大学ファッションショー形式でプレゼンテーション(株)銀座マギー × 共和レザー(株) × アトレ目黒 × 杉野服飾大学銀座マギー店舗にてバッグを販売企業に向けてプレゼンテーション30SUGINO FASHION COLLEGE

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る