杉野服飾大学 大学案内2020
28/96

「絶対に服に関わる仕事をする」これが小さい頃からの私の夢です。高校生の頃参加したオープンキャンパスで先輩から聞いた「一人ひとりに合わせて丁寧に指導してくださる」という話が決め手になり、SUGINOに入学しました。元々は雑誌編集者を目指していたのですが、そのためには服や素材の知識が必要だと考え、テキスタイルデザインコースを選択しました。布を織り、染め、糸を紡ぐなど、徹底的に素材を理解することで、作品づくりのアイデアの幅も格段に広がりました。3年次の学園祭のファッションショーでは、チェック柄のデザインを考案し、染めた糸を織り上げて服をつくる全工程を経験。それだけではなく、観てくださる人を楽しませる工夫も考え、完全セルフプロデュースのショーを実現しました。何かをつくること、アイデアを考えることが好きな人にとっては、自由に自分の考えを形にできるこのコースはオススメです。松本 奈菜子  3年 神奈川県/茅ヶ崎高等学校出身テキスタイルデザインコースTEXTILE DESIGN COURSE 素材を究めアートに高めるファッション業界は今、「素材の時代」といわれています。服飾造形を支えるテキスタイル(素材)の基礎力を身につけ、アパレル素材の考案やアーティスティックな作品制作まで、テキスタイルデザインを自由な発想で提案できる人材を育成します。FUTUREテキスタイルデザイナー、テキスタイルプランナーZOKEI27

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る