日本獣医生命科学大学 大学案内2018
41/64

食品科学科の特色応用生命科学部 食品科学科無菌操作による微生物の取り扱い、微生物の培養法の基礎を修得し、環境中・食品中の微生物検査法についても体験・習得します。また、食品の微生物管理の重要性についても理解します。3年次大江紀博食品衛生学実験FACE !食品成分の抗酸化作用に関する実験を通じ、抗酸化作用の測定方法と原理を習得。また、牛乳に含まれる食物アレルゲンを抗体で検出する実験を行い、免疫反応を理解します。2年次田中瑛美食品機能化学実験FACE !実習の前半では、遺伝子工学で一般的に用いられる大腸菌を使い、遺伝子工学的な実験技術について学習。実習後半は「PCR法」という手法を用いた遺伝子の鑑定技術を習得します。2年次金井洋平食品バイオテクノロジー実験食品の衛生や安全管理に興味があるので、今後、自分の研究に役立てたいと思いますFACE !食品物性とは「噛みごたえ」や「のどごし」など食品の物理的性質のことで、食品のおいしさを決める重要な要素。この物性を、機器測定や人の感覚で数値化し、その特性について学びます。4年次髙梨里帆食品物性論FACE !お菓子のパッケージの「サクサク」や「もちもち」にも大きな効果があることを知りました主な授業 食品科学科は、食品の安定供給、安全性、機能性などについて体系的に学んでいく学科です。4年間の学びを通じて、「科学的で正しい食品の知識」と、「食品に対する健全な判断力」を持ち、予防医学や健康維持、食品素材の加工、バイオ技術による資源の有効利用、食品の生産・流通・経済など、食品の知識や技術を高度かつ総合的に身につけた「食のスペシャリスト」を育成する学科です。 学びの領域は5つに分かれ、「食品学」の領域ではおいしさと安全性、「食品機能学」の領域では栄養と生体調節機能、「食品生命科学」の領域ではバイオテクノロジーなど食品素材の生産に関する科学・技術、「食品経済・経営学」の領域では流通と経済、「食品加工貯蔵学」の領域では加工と貯蔵について、それぞれ深く追究していきます。 現代の食生活は、便利で豊かになった反面、食品に対する誤った認識が氾濫するなどの問題点も指摘されています。当学科では、研究活動を通じて、食情報をサイエンスの視点で正しく理解し、伝えることのできる人材を育成します。「食」に興味がある人なら、必ず充実した学びができると確信しています。食品の知識・技術を高度かつ総合的に身につけた『食のスペシャリスト』に学科長中山 勉 教授学びの領域□畜産資源論□農産資源論□食品経済論□食品企業の戦略と倫理□食品市場論□品質管理論□工場経営・管理論□工場衛生学 など食品経済・経営学食品の流通と経済□生化学□分析化学□微生物総論□応用微生物学□分子生物学□遺伝子工学□生物統計学 など食品生命科学バイオテクノロジーなど食品素材の生産に関する科学・技術□食品工学□食品物性論□調理科学□食品開発論□食品保蔵論□食品冷凍学□畜産食品製造学□食品機械工学 など食品加工貯蔵学食品の加工と貯蔵□食べ物のおいしさ□食品化学□食べ物の安全性□畜産食品学□農産食品学□水産食品学□食品安全学□食品衛生学□食品微生物学□食品添加物論□食文化論 など食品学食品のおいしさと安全性□食べ物と健康□健康科学□栄養化学□食品機能化学□食品成分化学□食品生理学□畜産食品機能特性学 など食品機能学食品の栄養と生体調節機能携帯や水道の蛇口など何気なく使うところに菌がいることを知り、衛生管理の大切さを再認識しました身近な食品のもつ抗酸化作用やアレルギーについての興味が深まりました39

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る