日本獣医生命科学大学 大学案内2018
36/64

カリキュラム動物科学科の学び産業動物や実験動物を介して動物の生命活動を深く理解し、人の暮らしに貢献できる人材を養成します。産業・実験動物を中心として、動物科学に必要な知識を学びます。専門分野の講義・実習で、動物科学を体系的に学びます。研究室を選択して、専門分野を深めていきます。動物科学の発展や問題解決に寄与する卒業論文を作成します。必修科目選択科目第一類選択科目第二類選択科目第三類英語1年次2年次3年次4年次神経内分泌学動物生殖機能学分子生物学応用実験動物学生体防御学動物遺伝子工学動物発生工学動物薬理学動物防疫学English Reading ⅡOral English Ⅱ 動物科学科では講義で動物科学の知識を身につけ、その知識を基に実習を行います。学内施設を利用した実習に加え、動物園や国内外の民間牧場などで学外実習を行い、現場で体を動かし、思考することにより知識の再確認と技術を身につけます。学問分野は生産、加工、流通、経営からバイオテクノロジー分野まで幅広い分野にわたります。産業動物や実験動物を介して動物の生命活動を深く理解し、人の暮らしに貢献できる視野を獲得します。 動物科学科での開講科目に加えて特別講習を受けて得られる資格として家畜人工授精師、資格試験合格のため猛特訓が行われる実験動物一級技術者、バイオ技術者があり、資格獲得のための万全なバックアップ体制を整えています。また、学科独自のキャリア指導として国家公務員・地方公務員試験対策のための公務員ゼミがあり、教員が定期的にゼミ形式で指導しています。その成果は毎年の公務員合格者輩出実績としてあらわれています。講義から実習へ、かつ社会の要請に応えるカリキュラム。公務員対策から各種資格まで。 専門科目や研究室の学問領域は、動物資源科学・動物バイオ科学・動物社会科学の3つに分けられます。動物資源科学では動物繁殖学、動物栄養学、動物育種学などの動物生産・飼育管理に関する科目を中心に、動物バイオ科学では実験動物学、動物発生工学などの動物生理・分子生物学に関する科目を中心に、動物社会科学では動物産業経営論、人間動物関係論などの社会科学領域に関する科目を中心に動物を科学的に探究していきます。3つの領域から学ぶ動物科学。English ListeningEnglish Reading ⅠOral English Ⅰ基礎分析化学実習専門英語コースⅠ牧場実習専門英語コースⅡ卒業論文フレッシュ・ゼミ動物資源科学概論人間動物関係論農業経営経済原論農業資源経済学動物産業経営学動物栄養学動物育種学飼養学動物管理学基礎生化学野生動物学概論コンパニオンアニマル論アニマルウェルフェア論有機農業論農業政策論地域環境保全論財務・会計演習農村社会学動物生産システム論動物生体機構学基礎実験動物学基礎生理学動物繁殖学動物微生物学人間動物関係論実習畜産経営調査実習食料・農業・農村調査実習スポーツ実技コンピュータ実習Ⅰコンピュータ実習Ⅱ動物科学学外実習Ⅱ国際交流実習動物科学学外実習Ⅲスポーツ野外活動キャリア形成講座総合文化講座畜産施設論応用生化学動物遺伝学食品衛生学概論草地学畜産物利用学飼料利用学鳥類家禽論乳・肉用家畜論数学Ⅰ 数学Ⅱ生物学Ⅰ 生物学Ⅱ化学Ⅰ化学Ⅱ物理学Ⅰ物理学Ⅱ有機化学化学実験生物学実験法学心理学哲学動物生体機構学実習農場実習畜産物利用学実習飼養学実習動物生化学実習動物育種学実習動物繁殖学実習分子生理学実習実験動物学実習動物防疫学実習資源科学資源科学資源科学バイオ科学バイオ科学バイオ科学社会科学社会科学社会科学共通共通共通学びのポイント生物統計学健康科学総合文化講座総合文化講座キャリア支援講座技術者倫理総合文化講座動物科学学外実習Ⅰ経済学国語表現法歴史学国文学34

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る