日本獣医生命科学大学 大学案内2017
25/60

獣医学部 獣医学科DATA2015年度就職・進学先別グラフ主な就職・進学先■小動物臨床獣医師:本学動物医療センター/各種動物病院/イオンペット■産業動物臨床獣医師:北海道、岩手県、山形県、福島県、千葉県、兵庫県、宮崎県、鹿児島県等の全国農業共済組合連合会(NOSAI)/全農家畜衛生研究所/JA士幌町■特殊法人等獣医師:家畜改良センター/地方競馬全国協会(NRA)/東京動物園協会■公務員獣医師:農林水産省/厚生労働省/東京都、埼玉県、茨城県、千葉県、福岡県、徳島県、大阪市、横浜市、川崎市等の各地方自治体の農政部・衛生部・保健所■製造業(化学・医薬品・飼料):田辺三菱製薬/日本化薬/エーザイ/微生物化学研究所/Meiji Seika ファルマ/共立製薬/日本全薬工業/日清丸紅飼料/資生堂/カルピス■検査研究支援機関:食品薬品安全センター/ボゾリサーチセンター/パレクセル・インターナショナル■大学院進学:本学大学院/東京大学/東京医科歯科大学/北海道大学/京都大学/大阪大学などの各大学院取得できる資格・獣医師・国家公務員※1・地方公務員※1・高等学校教諭 一種免許状(理科・農業)※2・中学校教諭 一種免許状(理科)※2・バイオ技術者(中級・上級)※1・家畜人工授精師・食品衛生監視員・食品衛生管理者・環境衛生監視員・飼料製造管理者・食鳥処理衛生管理者・狂犬病予防員・と畜検査員・薬事監視員・あへん監視員・毒物劇物監視員※1 受験資格※2 所定の単位が必要です。就職その他の業種4.6%地方公務員5.8%卒業後の進路獣医学科には、獣医師としてだけではなく、製薬会社や家畜衛生、公務員など他分野に渡って活躍する先輩たちがいます。先輩が活躍している分野さらに獣医学のスペシャリストや研究者になるために、大学院で研究を行います。大学院進学各業界の製品開発部門の研究員として働くことが一般的です。企業の研究所に配属され、薬品や食品、飼料などの製品開発のための研究を行います。化学・薬品・食品・飼料製造業東京都武蔵野市の動物病院で、病院に関わるほぼすべての業務に携わっています。最適な獣医療を行うため、動物の病状はもちろんですが、ご家族との会話も大切にしています。現在は仕事と並行して、日本獣医生命科学大学の研究生として泌尿器と循環器について学んでいます。自分の得意分野と言えるようにしたいです。病院での仕事と並行して大学で研究生として学んでいますFACE Job2013年卒業 おおむら動物病院勤務大杉真由犬や猫などの臨床獣医師として活躍獣医療(小動物獣医師)農業共済組合で、主に牛を中心とした家畜の疾病の診断・治療を行っています。畜産業界において家畜は経済動物であり、早期に回復の見込を判断する必要があります。産業動物の獣医師は、診療のみならず事故損害防止のアドバイザーでもあるのです。つねに農家の方たちと動物に寄り添う身近な存在でありたいと考えています。農家と家畜に寄り添い、同じ目線で支えたい。FACE Job2009年卒業 NOSAI宮城 県北家畜診療センター勤務高橋知也産業動物を専門とする臨床獣医師として活躍農業関連団体(産業動物獣医師)動物医薬品検査所は、動物用医薬品、医療機器、医薬部外品の有効性と安全性を守る国の機関です。私が担当しているのは豚のウイルス性疾病に対するワクチンの国家検定です。動物用医薬品はペット等の小動物から産業動物まで広く使われているため、獣医学の広範な知識は不可欠。大学時代の実習経験が生きています。大学時代の実習で学んだ獣医学の広範な知識が財産FACE Job2013年卒業 農林水産省 動物医薬品検査所勤務細田裕子国家公務員や地方公務員、NPO職員として活躍公務員獣医療(小動物獣医師)66.3%農業関連団体(産業動物獣医師)5.8%国家公務員3.5%進学(大学院)14.0%23

元のページ 

page 25

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です