日本獣医生命科学大学 大学案内2018
22/64

学びのポイント 犬や猫をパートナーとして暮らす家庭が増加し、獣医師は家庭動物を治療するというイメージが強くなっています。しかし、忘れてはいけません。牛や豚などの産業動物や、種の保存が必要な野生動物の治療も、獣医師が担当しているのです。さらに、食中毒などの食品衛生問題や人獣共通感染症など、人間にも大きくかかわるテーマについても獣医師が関わっています。あらゆる動物と人間の健康のために、獣医師が担う役割は日々、拡大しています。本学科では、これらの問題に対応できる優れた獣医師を育成します。 獣医師に必要なのは単に臨床の技術や知識だけではありません。高度な治療に加え、看護、栄養、薬剤などの幅広い分野の知識が必要になります。本学科では、獣医学の総合的な力が要求される場面で、的確な対処ができるように、基礎から臨床応用まで網羅したカリキュラムを構成して実践力を養っていきます。最先端の設備を備え、さまざまな症例の動物が来院する付属動物医療センターは、獣医師の使命と目標を肌で感じることができる絶好の教育環境です。野生動物、産業動物、家庭動物、そして人間にも関係する獣医学。技術と知識を兼ね備えた総合的な「臨床力」を高めるカリキュラム。 獣医学のテーマは広く、人間に対するペットロス症候群のケア、家庭動物に対する痛みのケア、産業動物の臭いや糞尿対策など、人間のメンタルから動物飼育設備まで研究対象になります。また、野生動物の保護と共生などの普遍的なテーマや、遺伝子工学や分子生物学などの先端分野の研究もその範疇です。獣医学には、未知の領域がまだまだたくさんあります。あなたの研究が世界初の発見となり、今後の獣医学の発展を左右することになるかもしれません。様々なテーマから結論を導き出し、問題を解決する。獣医学科の学び獣医師が扱う幅広いテーマにきめ細やかに対応したカリキュラムで、技術・知識を兼ね備えた臨床力の高い人材を育てます。カリキュラム獣医師に必要な教養を身につけると共に基礎専門科目を学びます。実習を通して基礎獣医学の知識を確実に身につけます。基礎獣医学の知識を土台に、臨床・応用獣医学を学びます。研究室に所属します。1年次2年次3年次獣医学概論獣医解剖学獣医生理学獣医生化学獣医解剖学獣医解剖学実習獣医組織学獣医発生学獣医組織発生学実習獣医生理学獣医生化学獣医遺伝子工学獣医薬理学獣医遺伝・動物育種学動物行動学実験動物学実験動物学実習獣医病理学獣医微生物学野生動物学Ⅰ(野生動物基礎)獣医生理学実習獣医生化学実習獣医薬理学獣医薬理学実習放射線生物学獣医病理学獣医病理学実習獣医免疫学獣医微生物学獣医微生物学実習家禽疾病学魚病学動物感染症学獣医寄生虫学獣医寄生虫病学動物衛生学実習(牧場実習含む)公衆衛生学総論獣医内科学総論獣医臨床薬理学獣医内分泌代謝学獣医臨床栄養学獣医外科学総論手術学総論獣医麻酔学必修科目(コアカリキュラム)比較細胞生物学生体分子化学化学実習Ⅰ生物学実習Ⅰ動物心理学畜産学概論生物統計学必修科目(コアカリキュラム以外)English Communication独語講読独語文法仏語中国語生物学生物学入門化学化学入門物理学入門物理学Ⅰ・Ⅱ物理学実習Ⅰ物理学実習Ⅱ数学Ⅰ・Ⅱ(コンピュータ概論含む)国語健康科学スポーツ野外活動心理学哲学概論経済学概論法学獣医学史English Communication基礎生物学Ⅰ・Ⅱ(命名法・自然科学概論)基礎生物学Ⅲ・Ⅳ(動物学概論・無脊椎動物)基礎生物学Ⅴ・Ⅵ(脊椎動物・遺伝学)生物学実習Ⅱ化学実習Ⅱ総合文化講座産業動物品種論伴侶動物品種論畜産学概論Ⅱ・Ⅲ比較発達心理学実習学外実習研究用機器論病院経営学魚病学実習野生動物学実習選択科目 20

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る