日本獣医生命科学大学 大学案内2017
15/60

応用生命科学部3つのポリシー入学者受入方針(アドミッション・ポリシー) 応用生命科学部では、動物科学科及び食品科学科に必須な学術を教育・研究し、併せて人格を陶冶する。この目的を達成するために、広く食資源動物の生産や管理、食品の栄養や品質管理及び安全性等に関する学理の探求と技術の開発、並びに人類と動物の福祉に貢献する資質の優れた専門職の育成を目指します。 応用生命科学部では、次のような人材を求めています。(1)生命科学を学ぶために必要な生物または化学の基礎的学力をもっている人(2)物事を地球レベルで考えられ、国際的に活躍する意欲をもっている人(3)生命科学、食資源動物の生産や環境・動物保全に関心をもっている人(4)食の安全や健康に関心を持っている人(5)食料の生産・加工・流通のシステム化に関心をもっている人(6)バイオサイエンス分野の先端技術を身につけたい人教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 応用生命科学部では、教育理念に基づき、社会に貢献できる幅広い専門性を有する専門職を育成するために、動物科学科と食品科学科を置き、以下のような方針に基づきカリキュラムを編成しています。(1)基礎的知識と基本的な学習能力の獲得のため広範で多様な基礎科目の設置と、専門科目を意識させる科目の履修を通して専門を学ぶ重要性を理解する。(2)専門基礎科目を学び専門科目を学ぶために必要な専門基礎知識を習得する。(3)専門科目を中心に学ぶと同時に演習、実験、実習、フィールドワークを通して専門知識を習得する。(4)知識を活用し、自主的に課題設定力、問題解決力、表現能力、コミュニケーション能力などを育成するために、卒業論文研究や全学年を対象に参加型のグループワークを実施する。(5)外国語は、益々のグローバル化を意識し、英語を中心に、全学年に講義科目を配置し、4年間学習することを推奨する。学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 応用生命科学部に所定の期間在学し、学部の教育理念・教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数を修得することが学位授与の要件です。 修得すべき授業科目には、講義科目のほか、各学科の方針に応じて編成された演習、実験、実習、フィールドワークや卒業論文研究等の科目が含まれます。 これらの科目を修得し、動物科学科を卒業した学生は「動物科学と動物産業に貢献する専門職」として動物関連分野などで、また、食品科学科の卒業生は「実践力を有する食のスペシャリスト」として食品関連分野などで活躍できることが期待されます。大学組織図日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科(6年制)獣医保健看護学科(4年制)付属施設付属牧場(富士アニマルファーム)生命科学共同研究施設分子腫瘍学研究施設付属図書館付属ワイルドライフ・ミュージアム付属動物医療センター応用生命科学部動物科学科(4年制)食品科学科(4年制)大学院獣医生命科学研究科獣医学専攻(博士課程)獣医保健看護学専攻(博士前期・後期課程)応用生命科学専攻(博士前期・後期課程)学部長メッセージ 応用生命科学とは、生物が持つ多様性を理解し、自然との共生を保ちながら、私たちの生活を豊かにしていくための学問です。 応用生命科学部は、動物科学科と食品科学科の2学科で構成されています。動物科学科では、人間と産業動物・食料との関係を多角的に追求します。食品科学科では、「人々の生活や心を豊かにする」という観点から食品の安全性、おいしさ、機能性などについて学びます。 両学科では、数年前から「専門色の強い科目を増やす」「実習の充実」を主眼とした新カリキュラムを導入しています。現代は、気候変動による生態系への影響、食料問題、エネルギー資源問題など、地球規模で考え、解決していかなければならない課題が山積しています。こうした課題に対応するためには、専門的知識の修得と同時に、身につけた知識を実践につなげる行動力が不可欠となります。 もうひとつ、大切なのがコミュニケーションです。従来、食品科学科の研究室・実習室は第二校舎にありましたが、2014年に「E棟」に集約されたことで、動物科学科と食品科学科の一体感が強まりました。今後は、学科間のコミュニケーションをさらに深めることで、動物科学科の強みである生命科学と、食品科学科の強みである化学の専門的知見を融合し、ユニークな研究を生み出すなど、相乗効果を活かした教育・研究成果を挙げていきたいと考えています。応用生命科学部長天尾弘実 教授生命科学総合研究センター13

元のページ 

page 15

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です