日本獣医生命科学大学 大学案内2017
13/60

1949-2000年(平成12年)4月畜産食品工学科を食品科学科へ名称変更2001年(平成13年)4月畜産学科を動物科学科へ名称変更2003年(平成15年)4月獣医畜産学部を獣医学部と応用生命科学部に改組、動物保健学別科(2年制)を設置6月「付属動物医療センター(C棟)」が竣工8月「生命科学共同研究施設」が竣工2006年(平成18年)4月「日本獣医生命科学大学」へ校名を変更2005年(平成17年)4月獣医学部獣医保健看護学科を設置大学院獣医生命科学研究科へ名称変更応用生命科学専攻修士課程(2年制)を設置12月「新校舎(A棟・B棟)」が竣工2008年(平成20年)4月大学院獣医生命科学研究科応用生命科学専攻を博士前期課程(2年制)と博士後期課程(3年制)に課程変更2011年(平成23年)4月大学院獣医生命科学研究科獣医保健看護学専攻を博士前期課程(2年制)と博士後期課程(3年制)に課程変更5月創立130周年記念祭を開催9月創立130周年記念式典を開催2009年(平成21年)4月大学院獣医生命科学研究科に獣医保健看護学専攻修士課程を設置2012年(平成24年)4月獣医学部獣医保健看護学科及び応用生命科学部動物科学科の定員を各100名に増員11月大学院開設50周年記念行事を開催2014年(平成26年)3月「合同教育棟(E棟)」が竣工2015年(平成27年)3月「付属ワイルドライフ・ミュージアム」を設置2016年(平成28年)2月「生命科学総合研究センター」を設置学長メッセージ学長 池本卯典 本学は、1881(明治14)年に、文京区音羽の名刹護国寺の一隅に田澤直孝ら9名の陸軍獣医官が日本最初の私立獣医学校として開学してから今年で135年を迎えます。この間に6回の校舎移転、1952(昭和27)年には日本医科大学との合併という道程を辿りながら今日に至りました。この135年の間に、約16,000名の卒業生を世に送り出し、獣医療、畜産および食品科学分野における研究者、教育者、専門職として確固たる地位を築き社会貢献を続けています。 2000(平成12)年頃より革新的な大改革を企て、校名変更(日本獣医畜産大学から日本獣医生命科学大学)、二学部制への改組(獣医畜産学部から獣医学部と応用生命科学部)、学科名称変更(畜産学科から動物科学科、畜産食品工学科から食品科学科)、獣医保健看護学科の新設、動物医療センター(C棟)並びに教育棟(A・B棟)の建設等の整備を矢継ぎ早に進め、さらに創立130周年記念事業として着手した、本学と日本医科大学医学部基礎科学課程(1年次)合同の教育棟(E棟)も平成26年3月に完成いたしました。本学は、謙譲と協調、慈愛と人倫を育む科学者の創生を説いた箴言である学是《敬譲相和》、教育理念《愛と科学の心を有する質の高い獣医師と専門職及び研究者の育成》を心に誓い、前進を続けてまいります。小粒とはいえ、武蔵野のまほろばに光り輝ける本学は、双手を挙げて皆様を歓迎いたします。135年の歴史を担い、生命と共に生きる人材を育てます。「日本獣医畜産大学」として発展本学は、1949(昭和24)年2月に獣医畜産学部に獣医学科と畜産学科を置く日本獣医畜産大学として設立を認可され、同年4月から授業を開始しました。そして、1952(昭和27)年には学校法人日本医科大学と合併し、以後、学校法人日本医科大学傘下の大学として、1962(昭和39)年には大学院獣医学研究科、1967(昭和42)年には畜産食品工学科を新たに設置する1学部3学科と1大学院研究科を擁する大学に発展していきました。発展期「日本獣医生命科学大学」への校名変更などのさまざまな改革本学は、2000(平成12)年には畜産食品工学科を食品科学科、また、2001(平成13)年には畜産学科を動物科学科に学科名称変更、2003(平成15)年には獣医畜産学部を獣医学部と応用生命科学部(2学部制)に改組、2005(平成17)年には動物看護師などの獣医療技術専門職を育成する日本初の4年制学科として獣医保健看護学科の設置、2006(平成18)年には日本獣医生命科学大学への校名変更などの組織改革を断行、施設・設備面においても2003(平成15)年には付属動物医療センターおよび生命科学共同研究施設、2006(平成18)年にはA棟・B棟を、2014(平成26)年には日本医科大学医学部基礎科学課程(1年次)との合同教育・研究拠点としてE棟を建設し、新大学時代に相応しい教育環境を整備しました。2000-改革期11

元のページ 

page 13

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です