日本獣医生命科学大学 大学案内2017
12/60

本学の歩み1881年(明治14年)9月東京・小石川に日本最初の私立獣医学校として開校1992年(平成4年)10月山梨県上九一色村(現:富士河口湖町)に「富士アニマルファーム」を設置1993年(平成5年)7月同地に「富士セミナーハウス」が竣工1892年(明治25年)11月東京・市ヶ谷に移転し、特別認可私立「東京獣医学校」と改称1911年(明治44年)3月東京・目黒に校舎を新築移転し、「日本獣医学校」と改称1937年(昭和12年)3月現在の敷地に移転し、校舎を整備1938年(昭和13年)4月専門学校令により「日本高等獣医学校」に昇格1945年(昭和20年)1月校名を「日本獣医畜産専門学校」と改称1949年(昭和24年)2月「日本獣医畜産大学」の設立を認可され、獣医畜産学部の下に獣医学科および畜産学科を設置1952年(昭和27年)4月学校法人「日本医科大学」と合併1962年(昭和37年)3月大学院獣医学研究科(修士・博士課程)を設置1967年(昭和42年)4月畜産食品工学科を設置1968年(昭和43年)4月畜産学科のカリキュラムを大改正し、経営畜産学としての内容を持って再開1984年(昭和59年)4月学校教育法第55条一部改正により、獣医学科6年一貫教育となる1990年(平成2年)4月大学院獣医学研究科修士課程を廃止し、博士課程(4年制)を設置狂犬病予防ワクチンの開発に貢献伝染病研究所および北里研究所において、狂犬病予防ワクチンや牛疫予防ワクチンなどを開発した。北里研究所部長。日本獣医学校第4代校長。私立獣医学校第1回生。梅野信吉1862(文久2)年~1930(昭和5)年135年の伝統と向き合うFACE Tradition日本獣医生命科学大学は、1881年に開学した日本最初の私立獣医学校です。135年の伝統と向き合い、これからも優れた人材を輩出し続けます。SPECIAL FEATURE : 04現在の武蔵境の地に移転し専門学校に昇格本学は、茗荷谷、市ヶ谷加賀町、河田町、目黒校舎を経て1937(昭和12)年現在の武蔵境の地に移転しました。そして、1938(昭和13)年には専門学校に昇格して日本高等獣医学校となり、1945(昭和20)年には日本獣医畜産専門学校と校名変更し、更なる教育・研究および獣医療の充実を図りました。1937-充実期日本初の私立獣医学校として誕生本学は、1881(明治14)年、文京区音羽の名刹護国寺の別院(伝通院)に日本初の私立獣医学校として誕生しました。創立者9名はいずれも30歳に満たない陸軍馬医学舎出身の青年獣医官達でした。以後、東京獣医学校、日本獣医学校に校名変更し、健全に成長していきました。日本獣医学校第4代校長には狂犬病ワクチンの開発に貢献した梅野信吉(私立獣医学校第1回生)がいます。1881-草創期10

元のページ 

page 12

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です