日本大学商学部 学部案内2018
19/48

日本大学商学部独自プログラムモナシュ大学英語センター短期海外語学研修(5週間)春休み期間を利用した英語研修をオーストラリアのメルボルンにあるモナシュ大学英語センターで実施しています。ホームステイを通して実践的な日常英会話に触れ、異文化への理解の重要性や問題解決能力の育成を目的とした、商学部独自の短期海外語学研修です。本留学プログラムは、英語圏への留学機会を広げられるプランとして、学生からのニーズが高く、英会話を身近なものとするために、参加する学生が年々増えています。グローバル社会が急速に進む中、企業が求める人材とは、ビジネスシーンで必要となる英語力、さらには海外での留学経験、インターンシップ、ボランティアなど、グローバルな視点で活躍できる人材です。今後役立つコミュニケーション能力として欠くことのできない英語力。「海外で自分を試す」「海外で学びたい」「国際感覚を磨きたい」と、自主的に行動しようとする学生をバックアップし、価値ある経験へ導きます。オデンシアグループ交換留学(半年又は1年間)オデンシアグループ春季研修(2週間)日本大学商学部は、フランス・ナント市にあるオデンシアグループと提携を結んでおり、交換留学(半年又は1年間)のほか、春休み期間に2週間の短期研修を行っています。どちらも授業は英語で行われ、短期研修はホームステイも体験できます。モナシュ大学の設備や授業、生活における説明がとてもしっかりしていて分かりやすかった。海外の人と直接関わることができて、刺激になった。スピードリーディングやブックレポートを繰り返し行ったことで、リーディングやライティングのスキルが確実に向上した。研修後に受けた大学の定期試験では、英語の4技能ともクラス一番になった。英会話にもつながる自然な文法を教えてくれたので、分かりやすかった。ホームステイ先では家族のように接してくれて、困っている時には親身になって話を聞いてくれた。クラス行事が多く、文化の違いを学びながら親交も深めることができた。先生が優しく、基礎的なことから教えてくれた。研修時期の気候が過ごしやすく、身軽で参加できるのが良い点。ディスカッションや英会話を通して、使える話法が身についた。■参加学生の声19

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る