日本大学法学部 学部案内2017
55/56

07社会科学系女子になる!私の就職に向けての4年間 まだ将来の目標が定まっていなかったので、様々な知識を身につけたいと思って政治経済学科に入学し、政治や経済について幅広く勉強しました。また高校時代は陸上部の短距離選手だったのですが、今度は球技に挑戦しようと女子ラクロス部に入部しました。以降は4年間、週5日の部活動と勉強を両立させました。1年次 大学での勉強と部活をスタート ゼミナールで、商標権や著作権、意匠権などについて専門的に勉強しました。ディスカッションや共同作業などのグループワークも多く、高校まで個人スポーツしかしていなかった私には、とても貴重な経験でした。また4年次に余裕を持って就職活動ができるように卒業単位を取り終えておこうと、ほかの授業の勉強にも励みました。3年次 ゼミナールで専門を深める 学部祭のフォーラムでスポーツ会社のロゴマークの模倣問題を扱った発表を見て興味を持ち、知的財産権法のゼミナールに入ろうと決めました。日々の勉強のかたわら、部活ではレギュラーとして試合にも出場しました。ラクロスはほとんどの部員が初心者なので、どんどん自分や仲間が成長していくのを実感できるのも楽しいところです。2年次 大学生活のなかで成長を実感 OB・OG就職相談会で様々な企業のお話を聞きましたが、経済や知的財産権について学び、企業にとっても個人にとっても、お金の流れは血液のように大切なものだと思ったことから、金融関係に進路を決めました。将来は一人ひとりのお客様に長く寄り添って、その将来を支えられる銀行員になりたいと思っています。4年次 めざす銀行に就職内定 大学では学生時代にしかできないことに打ちこみ、将来についてじっくりと考えることが大切です。他学科の授業の履修や、幅広い分野のゼミナールを選択できるカリキュラムは、大学進学時に進路の決まっていなかった私にとって、視野を広げる意味でとても良かったと思います。1年次から顔を覚えて日々声をかけてくださったり、就職希望先に勤務するゼミナールの先輩を紹介してくださるなど、私の4年間を支えてくださった温かい先生方にもとても感謝しています。充実した4年間から進路が拓ける4就 職岩渕 真子 さん (2016年3月卒業)女子ラクロス部の活動のなかで経理を担当したことや、Bチームのキャプテンとして人をまとめたこと、そして活動費を用意するためスポーツメーカーでアルバイトをしたことなど、社会人として必要な力を養う上で大いに役に立ったと思います。社会科学系女子になる!2016年4月より みずほフィナンシャルグループに勤務

元のページ 

page 55

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です