日本大学法学部 学部案内2017
14/56

14新聞学科Department of Journalism新聞学科4年 木島 亜利沙 さん もともとメディアには興味があったのですが、政治についての知識不足を感じ、その知識も深めたいと思い、政治ジャーナリズム論のゼミナールに所属しました。3年次に、大きな社会問題となった安保法案に関する世論を研究するなかで、メディアの役割や責任の大きさをつくづくと感じました。 ゼミナールではOB・OGの方や、先生と交友のあるマスコミ関係者の方々と交流する機会があります。業界の話を聞いたり、就職の相談などをするうちに、自分の進路についても具体的に考えるようになりました。そんな折、ゼミナールの先輩から校友会共催の「マスコミ業界研究セミナー」を紹介され、学生サポーターとして参加しました。そこでアナウンサーという目標に向かって頑張っている仲間たちと出会ったことが、それまで漠然と思い描いていたアナウンサーを本格的にめざしてみようと思うようになったきっかけです。その意味では、出会いが人生の大きな転機になったと思います。現在は、その夢の実現に向けて就職活動中です。ただ与えられた原稿を読むだけでなく、ゼミナールでの学びを活かした責任ある報道をするのが目標です。共に励まし努力し合った仲間たちとのつながりを大切にしながら、夢に向かってチャレンジしたいと思っています。マスコミ業界の先輩方のサポートを受け仲間と共にアナウンサーをめざしています Announcer Challenge■1週間の履修例(3年次前学期)■ 私のStep Up入学の動機授業での学びゼミナールでの学び将来像将来はマスコミ業界に進みたいと考えて新聞学科に入学。ジャーナリズムや広告について勉強。メディアについて理解を深める。政治とメディアの関係や、新聞社ごとの世論調査結果の違いを研究。アナウンサーとして社会的責任を自覚した報道を心がけたい。※現在開講していない科目も含まれます。MonTueWedThuFri1商法Ⅰ行政法Ⅱ2国際コミュニケ―ション論メディア史3地理学放送論4ジャーナリズム史Ⅰゼミナール5情報コミュニケ―ション論

元のページ 

page 14

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です