日本大学文理学部 学部案内2017
92/240

クリティカル・シンキング安心の初年度導入教育大学は高校までとはちがうっていうけど、どう勉強すればいいの?哲学は考えることだと思うけど、哲学的に考えるってどうすればいいの?  こんな疑問をおもちのあなた。ご心配いりません。わたしたちの哲学科ではこんな「はじめの疑問」からはじめていきます。 日本大学文理学部ではどの学科に入学しても「自主創造の基礎」という科目が設けられており、大学で勉強するということや、その学科で勉強するということの基礎から指導を受けることができます。また哲学科の学生としてもっとも重要な「論理的に考える」方法については「クリティカル・シンキング」という授業で1年かけて指導します。1年次はまずしっかり基礎をきずきましょう。 「クリティカル・シンキング」とは、日本語で言えば「批判的思考」です。ただし、ここでいう「批判」とは、「ダメだ、ダメだ」ということではなく、「本当に正しいだろうか?」と慎重に吟味する、「論理的思考」のことです。哲学的な問題について考えたり、自分の考えが正しいことを他の人に説得したりする上で、これはとても大事なことなので、1年生の必修科目として、その実践的な訓練をするのが、この授業です。批判的思考の能力は、さらに、哲学を学ぶためだけでなく、社会に出てからも、人生の様々な局面で役に立つことでしょう。「記号論理」という科目とは、二つの点で異なりますが(記号論理は形式的な理論を学ぶのが目的、クリティカル・シンキングは非形式的な実践の訓練が目的)、並行して学ぶと、相乗効果があるでしょう。●5

元のページ 

page 92

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です