日本大学文理学部 学部案内2017
81/240

※※※※※Admissions中国語中国文化学科 2名国文学科3名社会福祉学科2名3教科3科目「国語」200 中国語中国文化学科100社会福祉学科200「英語」200地球科学科2名4教科4科目「国語」200「数学Ⅰ」,「数学Ⅰ・数学A」,「数学Ⅱ」,「数学Ⅱ・数学B」,「簿記・会計」,「情報関係基礎」のうちから1科目選択200「物理」,「化学」,「生物」,「地学」のうちから1科目選択200「英語」200 数学科2名3教科4科目『「数学Ⅰ・数学A」,「数学Ⅱ・数学B」』200「英語」100100物理学科2名1~2教科2科目200(100×2)生命科学科2名3教科3科目「数学Ⅰ」,「数学Ⅰ・数学A」,「数学Ⅱ」,「数学Ⅱ・数学B」のうちから1科目選択100「物理」,「化学」,「生物」,「地学」のうちから1科目選択 「日本史A」,「日本史B」,「世界史A」,「世界史B」,「地理A」,「地理B」,「現代社会」,「倫理」,「政治・経済」,「倫理,政治・経済」,「数学Ⅰ」,「数学Ⅰ・数学A」,「数学Ⅱ」,「数学Ⅱ・数学B」,「簿記・会計」,「情報関係基礎」,「物理基礎」,「化学基礎」,「生物基礎」,「地学基礎」,「物理」,「化学」,「生物」,「地学」のうちから1科目選択(※ただし,理科の「基礎を付した科目」は2科目で1科目分とする。)C方式期2第文理学部学部・方式学科・募集人員試験日受験教科科目数教 科科目配点(備考)・A方式の各教科の採点方法について表中に標準化得点である旨の記載のない試験の合否判定は、素点で行う。「数学Ⅰ・数学A」,「数学Ⅱ・数学B」,「物理」のうちから2科目選択併願・第二志望について………………………………………………………………………………………………………………………………………………………※N方式は学部(学科)別に指定科目があります。併願できる学部(学科)は指定科目が同一の学部(学科)に限ります。※第二志望については、追加の入学検定料は一切不要です。併願(第二志望と取扱いが異なります)第二志望A方式第1期のみ、試験科目が同一の学科であれば、別の学科を第二志望とすることができます。ただし、以下の制限があります。《 人文系・社会系(理学系地理学科を含む)第1期(2月3日)》人文系(哲学科・史学科・国文学科・中国語中国文化学科・英文学科・ドイツ文学科)が第一志望の場合は第二志望も人文系の中から選ぶ必要があり、理学系地理学科を含めた社会系(社会学科・社会福祉学科・教育学科・体育学科・心理学科・地理学科)が第一志望の場合は第二志望も社会系の中から選ぶ必要があります。人文系と社会系の間で系統を越えて第二志望を選択することはできません。《 理学系(地理学科を除く)第1期(2月8日)》地球科学科を第一志望にした場合は、第二志望は生命科学科のみ認め、生命科学科を第一志望にした場合は、第二志望は地球科学科のみ認めます。数学科・情報科学科・物理学科・化学科の4学科のいずれかを第一志望にした場合は、第二志望は左記4学科のうち第一志望学科を除く3学科のいずれかを認めます。A方式は、試験日が異なれば複数学科への出願が可能です。同一試験日に複数の学科を併願することはできません。ただし、N方式及びC方式では、複数学科への出願が可能です。その際の入学検定料は出願数分必要です。(N方式の場合は割引制度があります。)国文学科上記の選択科目を指定科目数以上受験した場合は,高得点の科目を合否判定に使用する。ただし「地理歴史・公民」,「理科(基礎を付していない科目)」を合否判定に使用する場合で2科目受験した場合は,それぞれの第1解答科目のみを合否判定に使用する。「英語」についてはリスニングの成績は利用しない。社会福祉学科において「地理歴史」,「公民」,「数学」,「理科」については,大学入試センター試験の配点を上記の配点に換算し,合否判定する。上記の選択科目を指定科目数以上受験した場合は,高得点の科目を合否判定に使用する。「理科(基礎を付していない科目)」において2科目受験した場合は,第1解答科目のみを合否判定に使用する。「英語」についてはリスニングの成績は利用しない。「数学」,「理科」については,大学入試センター試験の配点を上記の配点に換算し,合否判定する。上記の選択科目を指定科目数以上受験した場合は,高得点の科目を合否判定に使用する。「理科(基礎を付していない科目)」において2科目受験した場合は,第1解答科目のみを合否判定に使用する。「英語」についてはリスニングの成績は利用しない。「外国語」については,大学入試センター試験の配点を上記の配点に換算し,合否判定する。「理科(基礎を付していない科目)」において2科目受験した場合は,第1解答科目のみを合否判定に使用する。「英語」についてはリスニングの成績は利用せず,大学入試センター試験の配点を上記の配点に換算し,合否判定する。上記の選択科目を指定科目数以上受験した場合は,高得点の科目を合否判定に使用する。ただし「理科(基礎を付していない科目)」を合否判定に使用する場合で2科目受験した場合は,第1解答科目が「物理」の場合のみ合否判定に使用する。大学入試センター試験1月14・15日(土・日)外国語「物理」,「化学」,「生物」,「地学」のうちから1科目選択100理科数学「英語」100外国語理科数学理科数学外国語理科地理歴史公民数学国語外国語理科数学国語80

元のページ 

page 81

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です