日本大学文理学部 学部案内2017
67/240

文理学部在学中に大学院科目の先取り履修が可能!「大学院とは何か?」を垣間見ることができます。大学院自らの研究テーマに取り組み、 興味を探究していく場です。 研究者としての広い視野と基礎的能力を養います。教職を目指す場合は、修了すると専修免許状が取得できます。修士博士前期課程2年論文の作成など、研究の業績を積み、専門知識を持って社会に貢献する力を磨く場です。研究の集大成として、学位(博士号)の取得を目指します。博士博士後期課程3年その後以下に進むケースもあります。文理学部若手特別研究員 付置研究所研究員 ポスト・ドクトラル・フェロー(博士研究員)学部4年生で、大学院文学研究科、理工学研究科(地理学専攻)、総合基礎科学研究科に進学を希望する学生を対象に、大学院開講科目のうち指定科目を履修できる制度があります。この制度により修得した単位は、入学前既取得単位として、大学院に進学した際に認定します。一般的な大学院での課程それぞれの研究科の博士前期課程は、学部に基礎となる学科があり(基礎となる学科以外からの受入れも可)、高度な専門的知識を有する人材育成を目指しています。文学研究科理工学研究科GISによる建物ごとのコンビニエンス・ストアへの近接性の分布地球観測衛星ノアデータが捉えた日本列島に接近する台風哲学専攻史学専攻日本史専攻外国史専攻地球情報数理科学専攻相関理化学専攻社会学専攻教育学専攻心理学専攻英文学専攻ドイツ文学専攻国文学専攻中国学専攻地理学専攻総合基礎科学研究科言葉や文化、歴史や社会を通して、「人間とはなにか」を問い、探求していく学問分野をそろえた大学院です。各専攻ともに、理論的な探求から実証的な実験・調査までを取り込んだカリキュラムで、普遍的なテーマを研究します。地域の自然環境と人間の諸活動の関係を総合的に研究します。修了生は地理的な思考方法と地理情報技術を活かし、国土の環境・災害・防災等の調査研究、国土や都市の土地利用計画・地域開発計画の策定など、さまざまな分野で活躍しています。「限りある自然と人間の共生」を理念に、地球にやさしい科学技術の探求と確立を目指しています。それぞれの専攻の学問領域を融合させた総合的な研究に取り組み、幅広い視野を持ち、次世代を担う独創的な研究者・技術者・教育者を育成します。大学院

元のページ 

page 67

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です