日本大学文理学部 学部案内2017
61/240

将来、学校の教員として活躍するためには…①教職に関する所定の科目を履修して教員免許状を「とる」だけでなく、②教育現場で求められる実践力を「つける」こと、③採用選考試験を突破して教員に「なる」ことが必要となります。教職支援センターは、教員志望者(現役学生および既卒者)の「とる」「つける」「なる」ための多様なニーズに応えるとともに、「総合受付窓口」として、学外諸機関からの依頼や国公私立学校の求人にも素早く対応しています。ここでは次のような取り組みを通じて、教職への就職を強力にバックアップしています。教職支援センター国公私立学校の教員を目指す取得可能な免許の種類と教科教員になるためには教職コースの主な科目中学教諭一種免許状高等学校教諭一種免許状●国語●中国語●英語●ドイツ語●社会●宗教●保健体育●理科●数学●国語●書道●中国語●英語●ドイツ語●宗教●公民●保健体育●地理歴史●情報●理科●数学教職コースの科目を履修し、卒業時に免許状を取得することです。また、各自治体の教育委員会や私立学校等において実施される教員採用試験に合格することが必要です。● 現代教職論● 生徒指導・進路指導論● 教育の歴史● 教育実習● 教育相談● 教育の方法・技術論中学校・高等学校などの教員を目指すコースです。本コースで所定の単位や実習を修得すると、中学校教諭と高等学校教諭の一種免許状が取得できます。また、玉川大学通信教育部との連携により「小学校教員養成特別プログラム※」を開設して、小学校教諭二種免許状取得の機会も設けています。※本プログラムは、玉川大学通信教育部での履修費等が別途必要になります。 また、2年次に受講希望者対象の選考試験に合格する必要があります。 詳細は文理学部教務課までお問い合わせください。取得できる免許の種類によって科目は異なります。共通の科目には以下のようなものがあります。※詳しくは、各学科のページを参照してください。教職コース教職だけじゃない!様々な資格を取得できる!教員志望者向けの講座・講演会・研修会等●公立学校教員採用試験対策講座●教職全般に関する講演会 (教員として求められる資質や能力、実践的指導力について解説)[1・2年生]●教員採用試験に関するレクチャー(公立・私立学校の教員採用試験の概要と対策を解説) [2年生]●中学校・高等学校教科別モデル授業(現役の中・高教員によるモデル授業を体験)[1・2・3年生]●日本大学付属教員セミナー(現役の日本大学付属教員が採用試験の傾向と対策を解説)[全学年]●公立学校教員採用試験説明会(各自治体教育委員会が教育ビジョンや求める教師像、試験内容を解説)[2・3・4年生]元公立学校校長による個別指導●教職全般に関する相談●教員採用試験に関する相談と対策●小論文・模擬授業・場面指導等の指導●個人面接・集団討論等の指導教職インターンシップ●学校現場で生徒理解や生徒指導について学ぶ就業体験教職ボランティア●学校現場での授業補助、児童・生徒の個別支援、部活動 行事等の運営補助国公私立学校の教員求人情報の配信●全国からの教員求人情報をWebやメールで配信第1回[3年生]教員採用試験の概要を自治体ごとに解説第2回[3年生]教員採用試験に向けて自治体ごとに実践指導第3回[4年生]教員採用試験2次試験に向けて自治体ごとに実践指導

元のページ 

page 61

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です