日本大学文理学部 学部案内2017
60/240

教職支援センター(コース科目)黒田さんは3年生の時から教職支援センターを活用しはじめたと聞きましたが。黒田:「はい、ちょうどそのころ採用試験の論作文を始めていて、うまくいかず悩んでいた時期でした。そんな時に、友人たちに相談したら教職支援センターで添削してもらっていると聞き、すぐに相談にいきました。」教職支援センターでは他にはどのようなサポートをされているのでしょうか?岩﨑:「論作文の他に、面接などの指導や二次試験の対策講座などがあります。さらに、子ども達と接することのできるインターンシップやボランティア活動などを紹介するということも行っています。現在は3人の相談スタッフがおりますが全員教員経験があるスタッフですので教員を目指している皆さんが、悩んだりしたことがあればいろいろと相談してほしいですね。」教員経験のある方が相談に乗ってくれるというのは心強いですね。岩﨑:「教員になるためには、公立であれば各自治体の教員採用試験に、私立であれば各学校の教員採用試験に合格しなければなりません。教職支援センターでは履歴書などの選考書類や論作文の添削、面接や模擬授業の練習など教員採用試験に合格するための個別指導や対策講座を実施して一人でも多くの学生が教員になる夢を実現できるようサポートしています。」黒田さん、他にも役に立ったサポートがあれば教えてください。黒田:「文理学部は、数多くの教員を輩出している学部ですので、それだけ多くの先輩たちが教員として活躍しています。そんな先輩たちの話を聞くことができるセミナーなどにもよく参加しました。あれがあったから、教員になりたい!というモチベーションを保つことができたのだと思います。」岩﨑:「黒田君の言う通り、文理学部の強みはたくさんの先輩教員達がいるということです。言い換えれば、それだけのノウハウがあるということにもなります。そして、卒業後も教員としての実践力を高める研究会に参加することもできます。教員になってからも教職支援センターを積極的に活用してほしいと思います。」最後に黒田さんはどのような教員を目指すのか?教えてください。 黒田:「母校で、私が教員を目指すきっかけとなった野球部の恩師のように、子ども達にさまざまな体験を通して、学ぶことの楽しさを伝えていくことのできる教員になりたいですね。」教員経験のある相談員からのアドバイス。相談スタッフ 岩﨑 正道さん数学科 4年黒田 一輝さん

元のページ 

page 60

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です