日本大学文理学部 学部案内2017
57/240

就職指導課私のターニングポイントは就職指導課についての詳細は63ページへ子供の頃からの夢だった客室乗務員になるため、岩村さんは1年生から就職指導課に通いはじめました。「最初は何をしたらいいのか全くわからなかったので就職指導課のスタッフの方に、『客室乗務員になりたいです!』と相談してました(笑)。」そんな彼女は無事、その夢を叶えることができたとのこと。「就職指導課で出会った人たち、そして一緒に就職活動をした仲間からの刺激があったからこそ今の私があります。」そんな就職指導課の取り組みを見てみましょう。大学院 ‒進学‒私のターニングポイントは大学院についての詳細は65ページへ「最初は教員を目指していたのですが、実際の教育現場を見て、ここで働く先生たちを応援したいという思いが湧いてきました。」という大園さん。今は、地域社会と学校が連携して子どもたちを教育していくための場作りの研究を行っている彼女。「大学院は大学でインプットした学びを、応用して新しい考えを創造していくような場所。私の研究が将来現場で働く教員の方の手助けになればと思っています。」大学と大学院の違い、そして大園さんの研究についても紹介します。雇用も流動化する昨今において、自分自身の将来像を考え、主体的に能力を磨き資格を取得し、どのような状況下でも経験やスキルを発揮できる能力が求められています。「キャリアデザイン」とは、それに向けて自ら将来を考え、行動することです。文理学部では学生自身の「キャリアデザイン」をサポートしています。客室乗務員になる夢が叶った!ドイツ文学科 4年岩村 真理子さん教育学専攻博士前期課程 2年大園 早紀さん日本の教育現場を変えたい!

元のページ 

page 57

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です