日本大学文理学部 学部案内2017
49/240

●中学校1種免許(数学)●高等学校1種免許(数学、情報)●社会教育主事 ●司書教諭 ●司書 ●学芸員 ●基本情報技術者取得可能な資格例日常生活では0から9までの数を使いますが、コンピュータでは0と1の2種類の数だけを使います。コンピュータを構成する電気回路に電気が通ったか否かの状態を1と0で表すのです。「離散数学1」では、情報をコンピュータでどのように表現し計算するのかについて、その原理の基礎を学習します。また、証明問題の演習を通じて、プログラミングに求められる数学的センスの体得に努めています。本授業を通じて、情報科学科の学生に求められる基礎体力を養うことが目標です。「離散数学1」情報科学科 授業紹介情報科学科 授業紹介奥が深い、プログラミングの魅力は、答えが一つではないこと。プログラミングを中心に学習し、考え方の基礎となる数学の知識も身につけていきます。プログラミングでは、スマートフォンなどでも使われている音声認識技術や、電車の乗換案内システムといった、普段皆さんが何気なく使っている便利なアプリを開発する授業もあります。「情報科学科」では、どのようなことを学んでいるのですか?私がこの分野に興味をもったのは、ゲームがきっかけでした。しかし、情報科学科に入ってみてゲームの裏側にあるプログラミングの魅力に気が付きました。プログラミングは、これが正解というものはありません。同じ動作でもさまざまな表現方法があり、それによって効率よくプログラムが動くかどうかが変わったりもするのです。この経験から一つの問題に対して、答えは一つではなくさまざまなアプローチを試してみることが重要だと学ぶことができました。将来は、自分の考えたプログラミングで私たち人間の労力を減らしたり、効率化できるような、そんなプログラムをつくりたいと思っています。市川さんの将来の夢、教えてください。卒業後の進路専任教員の紹介3年生 市川 慶徳さん※学年は取材時のものです。卒業後は主に、コンピュータとネットワーク関連の職種に就職しています。業種は情報通信を中心に、金融、流通、製造など多岐にわたります。大学院や教育界に進む人もいます。・韓東力教授/自然言語処理・斎藤明教授/グラフ理論・谷聖一教授/計算論的位相幾何学・戸田誠之助教授/計算複雑さとアルゴリズム・古市茂教授/情報理論・森山園子教授/数理計画法・尾崎知伸准教授/データマイニング・北原鉄朗准教授/音メディア情報処理・宮田章裕准教授/インタラクション、ヒューマンインターフェース・吉岡卓助教/知識情報処理業種別進路先【2016年3月卒業生】森山 園子 教授48公務3.5%運輸業 3.5%飲食店・宿泊業1.8%金融・保険業 3.5%学校教育7.0%サービス業15.8%複合サービス業1.8%その他教育・学習支援業5.2%卸売・小売業7.0%製造業1.8%情報通信業 45.6%建設業3.5%

元のページ 

page 49

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です