日本大学文理学部 学部案内2017
33/240

取得可能な資格例福祉サービスはチームで提供するサービスなので、良質なサービスを提供するにはマネジメントの知識が不可欠です。マネジメントの知識を身につけることは、福祉業界の中核的人材となるためにも、また、自ら福祉サービス職を起業したり、他産業に進み福祉関連の事業を展開するといったキャリアにつながるためにも有益です。「福祉マネジメント論」はじまりは、困っている人を支援したいという想いから。市役所や病院などで働く社会福祉士(ソーシャルワーカー)になるために必要な「知識」と「技術」を学ぶことができます。「知識」は、年金など各種社会保険制度や、人間と社会との関係を理解するための社会学などを学びます。「技術」は、社会福祉の相談にのるための面接技法などについて、心理学・教育学等と関連させながら習得します。こうした「知識」、「技術」は社会福祉の仕事だけでなく、さまざまな業界の仕事に役立つものであると実感しています。「社会福祉学科」では、どのようなことを学んでいるのですか?障がいを持つ人々の就労支援を担う社会福祉士(ソーシャルワーカー)を目指しています。これは、中学の時に福祉施設を訪問したことがきっかけとなっています。その時、福祉施設で働く障がい者の方と、それを支える社会福祉士の方のお話を聞いて、私も困っている方を支援できるような人になりたいと思いました。将来は、障がいを持つすべての人々が働きやすい環境を提供できる社会福祉士(ソーシャルワーカー)になりたいと思っています。海野さんの将来の夢、教えてください。卒業後の進路専任教員の紹介2年生 海野 遥香さん社会福祉学科卒業後の進路としては、まず地方自治体の公務員(福祉職)が考えられます。社会福祉学科の前身である「社会福祉コース」を卒業した学生の約1/4が公務員になっています。また、学科での学びを活かし福祉分野、医療分野、教育分野における相談援助職(ソーシャルワーカー)に就く人も数多くいます。さらに福祉関連の仕事だけではなく、対人サービス業などの一般職に就く人も少なくありません。●社会福祉士(国家試験受験資格) ●社会福祉主事●児童福祉司 ●身体障害者福祉司●知的障害者福祉司 ●児童指導員 ●社会教育主事●司書 ●学芸員※学科で設定した所定の条件を満たす必要あり・上之園佳子教授/介護福祉論、介護保険制度・井上仁教授/児童福祉論、子どもの権利・今泉礼右教授/社会福祉原論、社会福祉史・社会的排除・川村宣輝教授/障がい者福祉論、職業リハビリテーション・諏訪徹教授/社会福祉法制度、地域福祉・山田祐子教授/高齢者福祉論、虐待対応ソーシャルワーク・金子絵里乃准教授/ソーシャルワーク概論、臨床死生学・後藤広史准教授/公的扶助論、貧困・ホームレス問題・鴨澤小織助教/福祉NPO論、メンタルヘルスとジェンダー*社会福祉学科は2013年度開設※学年は取材時のものです。業種別進路先【2016年3月卒業生】平成25年4月開設のため平成29年度から掲載(前身である社会福祉コースの進路先は、社会福祉学科パンフレットを参照してください。)社会福祉学科 授業紹介諏訪 徹 教授32

元のページ 

page 33

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です