日本大学文理学部 学部案内2017
32/240

福祉を学び、社会を創る。社会福祉は、社会と人の「幸せ」を探求し、実践する学問。社会福祉は、現代社会において一人ひとりが幸せに、より良い暮らしができる社会をつくるための学問です。近年、社会が複雑化・多様化し、日々の生活を送るうえで、さまざまな困難や課題を抱えている人々が増えています。社会福祉学科では、そうした人たちへの支援に必要な知識・技術・福祉マインドを実践的に学べるカリキュラムを用意し、問題の改善に向けて社会へ働きかけたり、個別具体的な支援を担うことのできる専門家(社会福祉士等)を育てます。履修の流れ(現行カリキュラムの抜粋)社会福祉学科社会福祉学科の専用サイトでもっと詳しく学科を知ろう!DEPARTMENT OFSOCIAL WELFARE●1年次は、社会福祉学の基盤となる科目および社会学、心理学、教育学等の関連科目を学ぶ。●2・3年次は、実践的な科目を学び、社会福祉士としての基盤を習得する/専門ゼミナールで研究テーマを深める。●4年次は、学びの集大成として卒業論文・卒業研究を行う/社会福祉士国家試験を受験する(履修者のみ)。1年次社会福祉にかかわる関連科目を学ぶ専門領域を選択(ゼミナール)し、専門的学びを深める社会福祉士国家試験受験(履修者のみ)卒業論文ソーシャルワーク実習(履修者のみ)2年次3年次4年次社会福祉の基礎を学ぶボランティア基礎講義ボランティア基礎演習・実践演習実践的な科目を学び社会福祉士としての基盤を習得する31

元のページ 

page 32

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です