日本大学文理学部 学部案内2017
28/240

社会科学は、人間同士が関わりあって形成される社会および人に対してさまざまな洞察を加えていきます。社会系学科・社会学科 P.29・教育学科 P.33・体育学科P.35・心理学科P.37・社会福祉学科P.31社会学の理論を用いて現実の社会を調査・分析し、企画立案・問題解決を図れる人材の育成を目指しています。社会福祉は、一人ひとりが、幸せにより良い暮らしができる社会をつくるための学問。社会福祉学科は、そのような社会の実現をはかる専門家の育成を目指しています。哲学、歴史、社会学、心理学をはじめとする諸学問に「教育」という視点からアプローチし、さまざまな研究分野を探究していきます。スポーツと健康に関する科学的知識・技術を備えた専門家を養成します。基礎から応用まで心理学の全領域をカバーし、社会の中で活かすことのできる科学的な人間理解への道を拓きます。社会科学は、人と人の関係、人の集団など、人の関わり合いを考える学問です。対象とする人の集団は、家庭や地域社会、学校の場合もあるでしょう。その意味で教育学も重要な社会系学問です。心理学における「こころ」も他者からの影響を受けて存在し、体育学の球技など集団競技はもちろんですが、個人競技でもコーチなど他者と関わりあって行われます。福祉という言葉はしばしば「社会」福祉として用いられます。このように人の関わり合い社会を対象とした学問領域は幅広く存在します。

元のページ 

page 28

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です