日本大学文理学部 学部案内2017
198/240

カリキュラム知的好奇心を喚起して、調査・分析能力を養成し、課題解決に向けて指導的な役割を担う人材を育成しますも地理学は、地球規模で進行する環境や、社会にかかわる諸問題の解決に向けた施策への提言を行うことが可能な科学です。本学科では、こうした地理学の役割を十分に理解し、その実現に向けて努力・活躍できる人材育成のために、次の教育目標を掲げています。n理解力自然から人文にわたる諸分野の知識を身につけ、知的好奇心を喚起することによって、自ら学び理解する能力を培う。日実践力地図や統計などの情報の収集や観測、実験、聞き取りなどによる現地調査、GISを活用し、地域の実態を総合的に分析し問題を解決する実践力を養う。砲辺等掛農白PICK UP!由主創造の基礎1・2水嶋1雄[教授]江口誠一[准教授]i 佐藤浩[准教授]任海 [助教]1年次必修科目のこの授業では、読図や空中写真判読からGISで主題図を作り、それを野外調査の結果から修正・解釈して地理学の基礎的技能を磨きます。この作業から学術研究の作法(アカデミック・スキルズ)を学びます。リモートセンシンク(含実習)佐藤浩[准教授]専用のソフトウエアが無くても、WebGISを通して衛星画像や空中写真のようなリモートセンシング画像を日常的に閲覧することが可能となってきました。授業では、災害の初動時、被害状況の把握にリモートセンシングがいかに有効であるかを理解するとともに、そのような画像を閲覧するだけではなく、地図と重ね合わせて被害状況分析の方法を習得します(空中写真と地図は国土地理院による)。l司応用力知識力・実践力を活用し、環境保全計画や災害対策、産業立地計画や地域政策、シンクタンク、観光業界、中・高等学校の教育職などの諸分野で活躍する人材を育成する。REALV01CE多様な視点で楽しめる幅の広い学問です渥美寿…≡苧地理学を一二私立浜裾三ノ_苦手三三地理という学科は多様で幅が広く、環境地理、観光地理、経済地理、農業地理というように、多様な角度から掘り下げることができます。私が今最も興味を持っているのは文化地理学です。国や地域を絞り、文化を詳細に学ぶ学問で、中でも異国文化には特に強い関心がありますね。地理のことを、“場所”について学ぶ学問だと決めつけている人も多いかもしれませんが、人がその土地からどのような影響を受け、また及ぼすのかという観点で考えると面白いですよ。大学でこれまでに経験したことで、最も楽しかったのは巡検です。長野の安曇野を訪れ、観光について調査しました。市役所の観光課に聞き取りに行ったり、観光地を巡ってお客さんと話した十    り、人との触れ合いがいい思い出です。印象に残っている場所軒 は国営アルプス安曇野公園で、自然が豊かで、何もないことがと義≡  ても気持ちいい0それは他国には表せないことで、現地に足を運d至    ばないと分からない。いろいろな場所を訪れその土地でしか昧わえない実体験を通した学習ができることも、地理学科で学ぶ醍醐味だと思います。冊W登ジ

元のページ 

page 198

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です