日本大学文理学部 学部案内2017
197/240

ハイデルベルク城と旧市街地の説明海外実地研究ブリュッセルでの都市景観・観光実態調査セントラルハレーでの農業景観の観察「海外実地研究」では、海外調査を行う意義や価値を感じられるように、現地の人々や大学、研究所との交流も行っています。Fヨーロッパの自然と文化」Fドイツ南部の地域資源利活用」「地中海からバルト海の世界遺産を訪ねて」のテーマで、北イタリス ドイツ中部フランクフルトとその周辺や、南部のバーデンヴユルテンペスイス、ライン川中流域、フランス中部、オランダ、フィンランド、エスト  ルク州、バイエルン州における都市や農山村地域を訪れ、地域的特色ニアを訪ねました。都市間移動はユーレイルパスを用いて、ヨーロッパ  を「地域資源」として捉え、その現状を探ることをテーマに、生活文化・国際鉄道で行い、都市内はトラムや路線バスを利用しました。    都市景観と機能・交通・農業の4班に分かれて14日間の調査をしました。野外調査体験談 PART2ドイツのスマートな交通網に憧れ膨らむ実体験でしたドイツのミュンヘンを訪れ、実際に交通事業を調べて驚いたのは、大都市では歩道・自転車専用道・車道のすべてがきちんと分かれていることです。これならサイクリングも快適だろうなと、気持ちよさそうに自転車に乗っている現地の人を見◆誓言莞自然と文化   ◆誓言票造形と意匠一地中海からパルト海の世界遺産を訪ねて」  -自然と文化の世界遺産をたずねて」◆デ㌣悪霊おける地域賓源利活用の現状を探る」鎗課も誓霊然と社会」◆誓三.票悪自然と造形」◆誓深雪国カリフォルニア州の自然環境と環境保全)舌勤の理解」◆諾‡法要ヨ_。ツパの探求」◆認諾監βの風土と社会を診る」て恩いました。ドイツでは自転車が交通手段として重視されていて、電車内に自転車ごと乗り込め、そのまま載せておけるスペースが用意されているんですよ。また、環境立国でもあるドイツでは、フライブルクのように「パーク&ライド」という対策を行なっている都市もあります。市外から来た人は、自動車でその都市に入ることはできず、市の周辺に設置された駐車場に車を預けて公共の交通機関を使用する決まりになっています。電車からバスなどの異なる交通機関に乗り換える場合でも、接続がとてもスムーズで表示も分かりやすく、交通機関の使い勝手の良さに◆誓語の多様な自然環境と農牧業形態」◆誓言禁都市計配地理情軌◆慧悪霊部の地域環境を学.ぶ」◆諾是認票ルトガル.オランダの自然・歴史・文化を学ぶ」とても強い印象を受けました。実際に目で見て、肌で感じる臨場感は、書物やインターネットからは得ることができないものだと思いますも

元のページ 

page 197

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です