日本大学文理学部 学部案内2017
174/240

充実した環境で過ごすキャンパスライフ03▶授業紹介PhysicalEducationCampus Life 松本 恵准教授スポーツ栄養学演習では、パフォーマンス向上のための食事方法、栄養サポートの方法について、科学的根拠を基に探っていきます。また献立作成や栄養計算、栄養指導について学び、自身のコンディショニングはもちろん、スポーツ指導者としてのスキルを身につけることができます。スポーツと食事(栄養)が密接な関わりを持つことを再確認できる授業です。具体的に実生活で活用できる内容や、その本質を知ることができ、自らが被験者となって実験を行うことで知識の定着にもつながります。健康や競技力の向上を目指して効率の良い生活について学びましょう。生活の質にかかわる分野に興味が広がりました小山 貴之准教授スポーツ活動で起こる怪我やスポーツ復帰までのリハビリテーション、再発予防のための取り組み、コンディショニングなど、スポーツとリハビリテーションを主なテーマとしてゼミナールを行っています。スポーツリハビリテーション演習では、スポーツ指導者に必要なスキルとして、ストレッチングやテーピング、マッサージなどの実践的能力を身につけることができます。理学療法やトレーニング理論など座学で得られる知識はもちろんのこと、トレーニングやストレッチ、テーピングは実践的に学ぶことができ、先生の授業で得た知識や技術は部活動やサークル活動ですぐに活かすことができるので、ものすごく自分のためになります。自分が施したテーピングで選手が「楽に競技ができた」と言ってくれた時はやりがいを感じると同時に自信にもなりました。テーピングを実践的に学べる4年加藤 夏海さんスポーツリハビリテーション演習4年政木 佑介 さんスポーツ栄養学演習僕の中でいちばん印象的な授業!毎回、目から鱗の授業です!

元のページ 

page 174

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です