日本大学文理学部 学部案内2017
166/240

4SOCIAL WELFARE カリキュラム 2017年度より新カリキュラムが始●児童福祉論●障害者福祉論●高齢者福祉論●社会理論と社会システム●心理学理論と心理的支援●公的扶助論基礎を学びコースを考える1年次専門分野を確立する2年次●自主創造の基礎●社会福祉概論●福祉マネジメント論●ソーシャルワーク概論●福祉社会実践基礎講義●ソーシャルワーク論1・2●社会保障論●就労支援サービス論●保健医療サービス論●人体の構造と機能及び疾病●地域福祉の理論と方法●社会福祉調査法●福祉行財政と福祉計画社会福祉学科では、一年次より専門性の高い講義を履修することができます。早期に社会福祉の基盤を習得することにより、メディアを通して報じられる福祉の諸問題について、“考える”という習慣づけができます。また、グループワークを行う講義が多く、ディスカッションの中で色々な気づきを得ることができます。社会福祉学科には、こうした知識を活かすフィールドもたくさん用意されています。授業で得た知識を現場に還元することでより深い福祉の学びができ、学問の楽しさを実感することができています。社会福祉学科3学年安藤 伸也◆社会福祉学科の魅力社会福祉学科4学年前田 佳穂●福祉法学基礎●社会福祉・社会保障法学福祉行政コース●福祉社会フィールドワーク1産業福祉コース●ソーシャルワーク実習事前指導●スクールソーシャルワーク論●ソーシャルワーク演習1・2ソーシャルワークコースボランティア等の課外活動学生が主体となって様々なボランティア活動を行っています。地域と連携し、実践活動を通して「支援のあり方」を日々学んでいます。

元のページ 

page 166

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です