新潟医療福祉大学 大学案内2018
99/148

TopicsTopics!"!# 本学は、2016年3月にベトナムのホーチミン市にあるホンバン国際大学と学術協定の締結をしました。同年11月には看護学科長他2名の先生が来日され、本学にて講演会が行われました。本学科の教員による教育・臨床現場への技術支援も毎年実施され、学生と共に訪問した際には、戦争記念館やクチトンネル、平和村などを訪れ改めて平和の大切さを学ぶ機会となっています。 今後も本研修を継続し、互いの文化の違いや保健医療福祉の制度についてより理解を深め、国際的な視野を広げていける場となるよう期待しています。ベトナムホンバン国際大学研修 様々な病態を持つ患者様に適切な看護サービスを提供する看護専門職は、対象者一人ひとりの状態に合わせた看護を自ら考え、実践する高い能力が求められます。一方、それらを経験する機会が多くないのが実情です。 そこで本学科では、「シミュレーション教育センター」を新設します。同センターでは、様々な病態を再現できる高性能シミュレーター(モデル人形)を用いて臨床現場を再現し、リアルな環境の中で必要な看護技術を体験的に学ぶ“シミュレーション教育”を行っていきます。2018年4月「シミュレーション教育センター」を新設予定!Q. 仕事のやりがいや大切にしていることは何ですか 看護師の仕事は、患者様に寄り添うことから始まります。私が勤務している回復期病棟では、入院期間が長いため、患者様と過ごせる時間が多くあります。その中で、信頼関係を築き、患者様の回復していく過程を支えることが重要だと考えています。退院される際に、入院時より動けるようになった患者様とご家族の笑顔を見るととても嬉しく感じます。看護師の仕事は、業務内容も多く大変かもしれませんが、患者様への支援を通して、自分自身が成長できるやりがいのある仕事だと思います。Q. 本学の学びで活かされていることは何ですか 私は、本学で「チーム医療」の重要性とその実態を学びました。看護師だけでは患者様を支えることはできません。様々な専門職が連携して一人ひとりの患者様を支えています。実際に病院では、患者様のために他の専門職と協力する機会が多く、コミュニケーションをとって情報を得たり、調整などを行っています。まさに大学で学んだ「チーム医療」を実践しており、大学での学びが活用されていると感じます。今後も、他の専門職と連携していく中で、看護師の役割を果たせるよう努力したいと思っています。卒業生からのメッセージ(2017年3月31日現在)就職状況 県内 (国)新潟大学医歯学総合病院/(独)国立病院機構西新潟中央病院/(独)国立病院機構新潟病院/新潟県病院局/新潟市民病院/日本赤十字社長岡赤十字病院/(社)済生会新潟第二病院・三条病院/新潟県厚生農業協同組合連合会長岡中央総合病院/(社)信楽園病院/(福)新潟勤労者医療協会下越病院/(医)恵生会南浜病院/新潟市地域包括支援センター山ノ下 など 県外 (独)国立病院機構東京病院/(社)東京都済生会中央病院/(学)東京女子医科大学病院/(社)三井記念病院/(独)国立がん研究センター東病院/(国)横須賀共済病院/(独)神奈川県立こども医療センター/神奈川県立がんセンター/(福)済生会横浜市東部病院/(学)北里大学病院/(学)聖マリアンナ医科大学/横浜市立市民病院/(社)神奈川県警友会けいゆう病院/(学)埼玉医科大学病院・国際医療センター/(学)自治医科大学附属さいたま医療センター/(学)東邦大学医療センター佐倉病院/福島県立医科大学/(国)信州大学医学部附属病院/(独)長野県立病院機構長野県立こども病院/長野市民病院/生活協同組合長野中央病院/山形県立病院事業局/(国)山形大学医学部付属病院/米沢市立病院/(国)群馬大学医学部付属病院 など採用内定先(主な病院、施設名)/2009年度~2016年度 私は現在、看護師として勤務しています。受け持ち患者様の全身状態を把握してから、検温、医師の診療・治療の補助、環境整備、食事介助、入浴介助など患者様が安全且つ快適で、安心して入院生活を送れるよう配慮しながら日々の業務に励んでいます。また、入院時から退院後の生活を見据え、患者様や家族の意向をくみ取りながら他の専門職と連携してカンファレンス(患者様へのより良い支援方法を検討するための会議)を行い、生活動作の訓練や生活指導も行っています。退院後の生活を見据えて看護学科 2015年3月卒業医療法人 新成医会 総合リハビリテーションセンター みどり病院小林 加奈出身県:新潟県出身高校:新潟東高校勤務地:新潟県看護師・保健師大学病院 26%一般企業 1%病院28%国公立病院42%公務員・大学・団体・組合3%2016年度施設種別就職内定状況看護学部看護学科!"

元のページ  ../index.html#99

このブックを見る