新潟医療福祉大学 大学案内2018
98/148

ゼミ紹介Department of Nursing高齢者看護学領域に関する研究認知症高齢者の暴力に関する研究を行っています。また、サクセスフル・エイジング(良い生活を送り天寿を全うする)の条件であるQOLも研究しています。講師 髙橋 智美基礎看護学領域に関する研究学生が看護を学ぶにあたって、基礎となる知識・技術の効果的な学習方法や蓄積方法、またそれらを対象者への援助に活かす方法について研究を行っています。講師 石塚 敏子小児看護学領域に関する研究子どもとその家族をテーマに研究を行っています。また、子どもの遊びを中心とした生活習慣病予防の研究も行っています。教授 松井 由美子母性看護学領域に関する研究女性や母子の研究を志す学生が集まり、青年期の月経から周産期にある母親や父親、がん終末期の女性の看護まで多岐にわたり研究しています。教授 中山 和美その他の研究紹介詳しくはホームページで※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。准教授 北島 昌樹 本ゼミでは、大都市や地方など暮らす場所にかかわらず、同じ水準のがん医療・看護を受けられることを目標に研究活動を行っています。ゼミでは、ただ研究するだけではなく横の繋がりを大切にし、看護職として必要な要素を育めるよう取り組んでいます。また今後は、「がん支援研究センター」での地域公開講座やがん相談支援窓口活動に学生と共に参加する予定です。こうした活動により、学生にはがん医療について学ぶだけでなく、将来、がん医療の発展に貢献できる高い研究力を身につけてほしいと考えています。「がん支援研究センター」で看護職を育成する成人看護学領域に関する研究助教 稲垣 千文ゼミ生の探求心を引き出す在宅看護学領域に関する研究 学生は、実習での体験を通して、対象者が「何を求めているのか」「どんな不安があるのか」という探求心を持ち、看護職として「対象者にどのような支援が必要か明らかにしたい」と考えることが多いようです。本ゼミでは、その考えを尊重し「本当にしたいこと」「明らかにしたいこと」が研究に繋がるように、テーマの絞り込みを行います。ゼミ生の「本当に知りたいこと」「明らかにしたいこと」の姿が現れてくる楽しさは格別です。看護は、対象者を良く知ることから始まります。研究も対象者を良く知るための一つの方法としてゼミ生が看護職としての力が高められるよう支援しています。ストレスの対処法を学ぶ看護学科4年 山口 寛生 新潟県 三条東高校出身ゼミの研究内容例●クリニカルパス運用時 における看護活動の個 別性に関する研究●看護学生のストレスコー ピングと性格との関連 性に関する研究●グリークケアを必要とす る人への効果的な具体 的ケアに関する研究 私は、看護活動を行う際に、自身のストレスにどのように対処すべきかを知るために、「ストレスと性格の関連」について研究しました。この研究を通して、自分の感じていた疑問が明確になり、その疑問を科学的に追及できることに研究の奥深さややりがいを感じました。また、自らの性格への理解が深まり、自身のストレスを解消した上で適切な看護活動を行うための知見を得ることができました。家族介護者にも寄り添う重要性看護学科4年 飯吉 理紗子 新潟県 高田北城高校出身ゼミの研究内容例●男性介護者の経験と 介護負担に関する研究●男性在宅療養者のつど いの意味に関する研究●外来化学療法中の乳 がん患者様の不安に 関する研究 私は、実習先で病院を退院して在宅療養をする患者様を受け持った経験から、在宅療養者の介護をするご家族が感じる不安や困難について興味を持ち、研究を行いました。研究では、介護者に対するインタビュー調査を行い、その結果、多くの介護者が不安や困難を感じていることが分かりました。患者様だけでなく家族介護者の不安や思いにも寄り添うことが重要だと気づかされる貴重な機会となりました。!"!#教授 小山 歌子主体的に学び、研究の必要性を自覚する地域看護学領域に関する研究防災行動を促進するために看護学科4年 呉羽 彩実 長野県 須坂東高校出身ゼミの研究内容例●看護学生の防災行動 を促進する要因と対応 策に関する研究●山間地域の独居高齢 者の在宅治療継続に 関する研究●青年海外協力隊の看 護職員の活動に関する 研究 公衆衛生看護学の対象は、地域で生活するあらゆる発達段階、様々な健康レベルの人々です。そのため、人々が主体的に健康を守り、QOLを向上できるようセルフケア能力の向上や健康的な環境づくりなどの支援を行います。本ゼミでは、これら公衆衛生看護の特徴を踏まえ、学生の問題意識を大切にして研究テーマを決めています。学生は、4年間で最も主体的に学ぶ機会となり、研究することで日ごろの疑問が解ける楽しさを体験すると共に、卒業後も看護専門職として研究を行う必要性を自覚する機会となっています。 災害看護や国際保健について興味があり、地域看護学領域の小山ゼミを選びました。私は、「看護学生の防災行動を促進する要因」をテーマに研究し、看護学科の全学年の学生に防災や災害についてのアンケート調査を行いました。その結果、看護学生は防災行動を行っている人が少ないこと、防災行動を促進するには地域への愛着・関心が重要であると分かりました。研究で学んだ知識は、実際の看護現場でも活かしていきたいと考えています。!$Student’s VoiceStudent’s VoiceStudent’s Voice!"

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る