新潟医療福祉大学 大学案内2018
81/148

Q. 救急救命士を目指す上で、必要な資質は何ですか 救急救命士は、基本的に医師がいない状況の中で適切な判断・処置を行い、病院前における医療のリーダーとしての役割を果たすことが求められます。さらに病院前では、危険な環境での活動となることも少なくありません。そのため、あらゆる状況下で常にベストな判断で行動する能力を保有していることが必要です。その能力を身につけるためには、自ら学び自らの力で修得していく覚悟と諦めない強い気持ち、そして生命を救いたいという情熱が最も重要だと考えています。Q. 救急救命士を一言で表すと何だと思いますか 「生命の防人」です。救急要請は、内科、外科、外傷、中毒、産婦人科、小児、高齢者、精神など様々な領域に渡るため、専門領域というものはなく、「病院前で発生すること全て」が専門領域です。そのため、病院前救急救命のスペシャリスト(専門家)でありジェネラリスト(全領域対応者)であることが求められます。病院より前であらゆる人々の生命を守るプロフェッショナル、それが救急救命士だと考えています。教員からのメッセージ 救急救命士は、病院より前(プレホスピタル)を活動のフィールドとし、最初に傷病者を診る医療専門職で、傷病者の状態や必要な治療、搬送先として適した医療機関を判断する「病院前診断」を行います。そして、医療機関に受け入れてもらうための情報伝達・要請や搬送中の管理を行います。これらの活動は、傷病者の生命や予後の生活を大きく左右することになります。こうした活動を行うために、救急救命士は医学知識や応急処置技術をはじめとした多くの能力と共に、他者の人生に関わるため「総合的な人間力」を養うことが重要です。「生命の防人」を育成する 救急救命士は、病院より前(プレホスピタル)を活動のフィールドとし、最初に傷病者を診る医療専門職で、傷病者の状態や必要な治療、搬送先として適した医療機関を判断する「病院前診断」を行います。そして、医療機関に受け入れてもらうための情報伝達・要請や搬送中の管理を行います。これらの活動は、傷病者の生命や予後の生活を大きく左右することになります。こうした活動を行うために、救急救命士は医学知識や応急処置技術をはじめとした多くの能力と共に、他者の人生に関わるため「総・救急救命士・JPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care) インストラクター/世話人・ITLS(International Trauma LifeSupport)Advanced・Pediatric インストラクター/Aliate Faculty・ICLS(Immediate Cardiac Life Support)インストラクター・BLS(Basic Life Support)インストラクター講師 山内 一Teacher’s message消防機関、陸・海・空自衛隊をはじめ、幅広いフィールドが就職先に●消防機関 ●陸・海・空自衛隊 ●海上保安庁 ●警察 ●民間救急事業所●医療機関(救命救急センター、救急病院など) ●民間企業(複合施設、警備保障会社など) など プレホスピタルケア(病院前救急救命)を担うスペシャリストとして、“あらゆる救急の場面”で、その知識や技術を発揮できる救急救命士は、消防機関をはじめ、自衛隊や海上保安庁、警察、医療機関、民間企業など幅広いフィールドで活躍することが期待されます。救急出動の増加などに伴い、民間救急事業所は全国各地に存在しています。自宅や病院などから自力では移動できない方を、搬送車を使用して対象者の容態管理をしながら目的地へと搬送します。業務内容は各事業所によって様々です。民間救急事業所で自衛官として、陸・海・空の自衛隊基地(駐屯地)で勤務します。衛生科隊員として基地内などの救急救命活動に従事するほか、災害派遣などの対応を行います。また、配属先によっては特殊な救急救命活動に従事することもあります。陸・海・空自衛隊で医療機関(救命救急センターや救急病院など)に勤務し、救急要請や救急搬送などの対応を行います。勤務先によって、業務内容は様々で、ドクターヘリやドクターカーなどの運用に従事することもあります。医療機関(救命救急センター・救急病院など)で消防吏員として、各地の消防本部(局)で勤務します。その中でも救急隊は、119番通報による救急要請に対応します。傷病者の状態を観察し、容態を判断すると共に、必要な応急処置、管理を行いながら適切な医療機関に搬送します。消防機関で多様なフィールドでの活躍活躍の場 私が本学科を目指した理由は、実際の救急現場を想定したリアルな実習環境が備わっているからです!「救急現場実習室」では、浴室やベッドルーム、キッチン、トイレなどを備えた4つの仮想住宅が設置され、住居内での救命活動を実践的に学ぶことができます。また、救急車の実車に加え、全国的にも珍しい救急車のカットモデルが8台も整備されていて、救急車内での活動についても十分な時間をかけて学ぶことができます。リアルな実習環境で学べるのが魅力!在学生メッセージ救急救命学科1年白井 開都新潟県 新潟商業高校出身救急救命学科1年岸 千晶山形県 東桜学館高校出身疾患の成り立ちと回復の過程Ⅱスポーツ・健康救急救命活動基本実習Ⅰ日本語表現法Ⅰ病院前医学概論疾患の成り立ちと回復の過程Ⅰ命の倫理地域災害・防災論Ⅰ韓国語Ⅰ救急救命活動基本実習Ⅱ英語Ⅱ救急症候学Ⅰ123 45 MONTUEWEDTHUFRI人体の構造と機能Ⅰ情報処理Ⅰ疾病・病態学総論人体の構造と機能ⅡMONTUEWEDTHU12345専門体育基礎化学の基礎Ⅰ公衆衛生学人体の構造と機能ⅡFRI英語Ⅰ基礎ゼミ 私は、東日本大震災などの様々な災害を通して命の尊さを強く感じるようになりました。そんな中、救急救命士が災害現場の最前線で傷病者と向き合い、適切な処置を行うことで多くの命を救っていることを知り、救急救命士になりたいと思いました。本学では知識・技術はもちろん、医療専門職としての姿勢や態度を身につけ、多くの命を救える救急救命士を目指します。多くの命を救う仕事がしたい!救急救命学科医療技術学部!"

元のページ  ../index.html#81

このブックを見る