新潟医療福祉大学 大学案内2018
50/148

ゼミ紹介Department of Occupational Therapy教授 永井 洋一※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。 感覚統合とは、脳の最も基本的な働きの一つで、学習・言葉・社会生活などを支えています。しかし、そのトラブルは周囲に理解されにくいことが多く、保育園・幼稚園や学校などで困っている子どもたちがいます。これをいち早く発見し適切なケアに導けるように、子どもの遊びの発達に関する研究やセラピィ場面で用いる遊びの効果に関する研究を行っています。また、学外での活動として、新潟県や新潟市の特別支援教育に協力するなどしています。特別支援教育にも協力しています子どもの遊びと感覚統合に関する研究作業療法士として地域で活躍する!作業療法学科4年 渡邉 千春 新潟県 糸魚川高校出身ゼミの研究内容例●感覚過敏や低反応が日 常生活に及ぼす影響に 関する研究●日本版感覚統合検査 (JPAN)を用いた平衡 機能に関する研究●音楽のテンポの違いに よる作業量への影響に 関する研究高齢者の排泄障害と睡眠障害に関する研究日常生活における支援に必要なこと作業療法学科4年 長谷川 春香 新潟県 村上高校出身 将来は、子どもと関わる仕事に就きたいと思い永井ゼミに入りました。本ゼミでは、発達障害領域においてゼミ生それぞれが興味のある内容について研究をしています。私は、新潟県内の市町村を対象に、療育事業と作業療法士の雇用形態を調査し、発達障害領域の作業療法士が地域で活躍するための取り組みについて研究をしました。卒業後は、今回の研究活動を活かし子どもたちの心に寄り添い支えになる作業療法士になりたいです。ゼミの研究内容例●不眠軽減に関する研究●生活習慣と心理に関 する研究●涙活と心理的変化に関 する研究准教授 渡邉 良弘患者様のこころを理解する障害者の心理的支援に関する研究こころの病についても支援できるようになりたい!作業療法学科4年 板垣 真子 新潟県 新潟市立万代高校出身ゼミの研究内容例●作業療法士による認知 症の記憶を思い出す回 想法に関する研究●作業療法士による認知 症に伴う抑うつの改善 に関する研究●作業療法士による知的 障害への適切な対応に 関する研究教授 今西 里佳下部尿路機能障害の改善によるQOLの向上 脳血管障害や認知症、パーキンソン病などの神経障害を有する方々や高齢者の多くは、尿失禁や夜間頻尿などの排尿障害(下部尿路機能障害)を抱えています。下部尿路機能障害は、家庭および社会復帰を妨げ、介護者の負担を大きくし、また睡眠障害や転倒との関連があるため、QOLの障害と言われています。そのため、病院や介護老人福祉施設のスタッフの方々と連携し、尿失禁・夜間頻尿・不眠症状などの改善やQOL向上を目的とした下部尿路リハビリテーションおよび睡眠ケアの効果検証などの研究を行っています。 医療は人(ひと)が対象の仕事です。ひとにはこころがあり、病気で悩むひとのこころを理解するには、ひととしての常識と、日進月歩の医療知識を研究し学ぶことが大切です。本ゼミでは、医療についての研究調査を学生自らの力で行うことにより、患者様への適切な心理的関わりを行うための手がかりを得ます。また学生は、学内で学んだ作業療法士についての様々な知識と、病院実習などで得た経験を総動員しながら、病気についての最新の研究内容を検討し、ゼミ担当教員と一緒に問題を解決していきます。 今西ゼミでは、排尿や排便、睡眠などをテーマに日常生活下の支援の研究を行っています。私は、「日常生活下での排尿実態」をテーマに研究を行いました。この研究を通して、下部尿路症状の評価の仕方、超音波残尿測定機器の使用方法などについて深く学ぶことができました。作業療法士は患者様の日常生活に大きく関わります。将来は、ゼミで学んだ「排泄」を軸に患者様の日常生活や社会への復帰のサポートをしていきたいです。 私は、精神疾患を持つ患者様への作業療法について研究したいと思い渡邉ゼミへ入りました。見た目には分かりにくい精神疾患により、自分らしく生きることを難しく感じている患者様は少なくありません。身体疾患だけでなく精神疾患についてもケアできるのは、作業療法士の魅力の一つであると考えます。本ゼミでの研究が、今後関わる様々な生きづらさを抱える患者様に対する作業療法の足がかりになると思っています。!"!#!$日常生活活動能力と自立生活に関する研究毎日の生活にかかすことのできない動作でも、それぞれ特徴があります。それら普段の動作に着目し、いわゆる「普通」に生活するとはいったいどういうことなのかを研究しています。講師 貝淵 正人高齢者の在宅生活支援に関する研究高齢者や身体・認知機能に障害を持つ人が、地域で自立した生活を送るための効果的な作業療法の評価と支援の開発について研究を行っています。准教授 能村 友紀脳の高次機能障害に関する研究脳の高次機能障害について、治療メカニズムの解明などを目指しています。また、全国の病院の先生方と共にリハビリのコストパフォーマンスの研究も行っています。教授 能登 真一手外科のリハビリに関する研究手の機能に関する基礎的な研究を行っています。また、手外科における手術後のリハビリ手法を、開発・発展させるための研究を行っています。教授 大山 峰生その他の研究紹介詳しくはホームページでStudent’s VoiceStudent’s VoiceStudent’s Voice!"

元のページ  ../index.html#50

このブックを見る