新潟医療福祉大学 大学案内2018
42/148

●:必修科目 ●:選択科目4年次2年次1年次3年次●スポーツ医学●保健統計学 ●小児科学●神経・筋疾患治療学●地域理学療法学Ⅰ・Ⅱ ●スポーツ障害理学療法学●徒手理学療法学●発達障害理学療法学●骨・関節病理組織学 ●運動制御理論●神経・筋機能解析学 ●運動生理学●高齢者健康増進学●高次脳機能障害学●人間発達学●精神医学●整形外科学Ⅰ・Ⅱ●公衆衛生学●内科学Ⅰ・Ⅱ●臨床心理学●神経科学●臨床神経学●リハビリテーション医学●運動学●解剖学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ●リハビリテーション概論●理学療法学概論●機能解剖学●基礎運動学●生理学Ⅰ・Ⅱ●医療英語Ⅰ・Ⅱ●理学療法基礎科学Ⅰ・Ⅱ●物理療法学●臨床実習Ⅱ(評価)●中枢神経系理学療法学●内部障害理学療法学●義肢装具学●応用肉眼解剖学実習●生理学実習Ⅱ ●運動学実習●理学療法基礎ゼミ●臨床実習Ⅰ(検査・測定)●日常生活活動学●筋骨格系理学療法学●整形外科理学療法学●理学療法基礎評価学Ⅱ●理学療法学課題演習●解剖学実習Ⅰ・Ⅱ●生理学実習Ⅰ●理学療法基礎評価学Ⅰ●海外フィールド実習●総合演習●臨床実習Ⅲ(総合実習)●統計演習●理学療法ゼミⅡ●卒業研究●理学療法ゼミⅠ●研究法専門科目講義系保健医療福祉教養科目群保健医療福祉連携科目群実習・演習系卒業研究基礎教養科目群●基礎ゼミ●情報処理Ⅰ・Ⅱ●英語Ⅰ・Ⅱ●スポーツ・健康 ●韓国語Ⅰ●中国語Ⅰ●スペイン語Ⅰ●ドイツ語Ⅰ●日本語表現法Ⅰ・Ⅱ●保健医療福祉連携学●保健医療福祉リスクマネジメント論●地域連携学●連携総合ゼミ●チームアプローチ入門●情報処理Ⅲ●アカデミック英語Ⅰ・Ⅱ●韓国語Ⅱ●中国語Ⅱ●スペイン語Ⅱ●ドイツ語Ⅱ●スポーツ・実践●アカデミック英語Ⅲ●連携基礎ゼミPick up CurriculumPick upPick upPick upCurriculum理学療法の専門科目に加え、保健・医療・福祉・スポーツに関連する幅広い科目を配置※2018年度入学生用のカリキュラム予定であり、変更となる場合があります。(2017年3月31日現在) コアカリキュラム(全学科共通科目)詳細綴じ込み特集P.01Department of Physical Therapy海外フィールド実習リハビリテーション医学スポーツ障害理学療法学この科目では、アメリカやアジア諸国での海外研修に参加します。学生は、研修のすべての過程に積極的に関わることで、自ら行動を起こせる「セルフスターター」としての能力を高め、異なる価値観を理解するためのコミュニケーション能力を身につけます。研修には、施設見学・授業参加・学生交流などが含まれます。この科目では、リハビリテーション医学の対象となる代表的な疾患や外傷を通じて、理学療法士として必要な基礎医学の知識を学びます。また、基本的な障害学・診断学・治療学についても学習します。さらに、障害に対応するための家庭・社会的環境の評価法とその改善に向けたアプローチ技法についても学習します。この科目では、アスリートへより良いリハビリテーションを提供できるように、各スポーツ特有の動作によって発生するスポーツ整形外科疾患の発生メカニズムを解剖学、運動学、病理学などの知識を理解・統合して学びます。講義は、トップアスリートへの理学療法経験が豊富な教員が担当します。 ●ボランティアの世界 ●コミュニケーション学入門●対人コミュニケーション論 ●心理学概論 ●人間を知る ●命の倫理 ●QOLの世界●こどもの世界 ●アスリートの世界 ●臨床医の世界●加齢と身体 ●食を楽しむ ●眼の神秘●義肢装具の世界 ●新潟学 ●国際保健の世界●国民の生活と健康を支える仕組み●現代社会と経済 ●法学Ⅰ・Ⅱ ●臨床の哲学●臨床技術の世界 ●留学の魅力●シティズンシップ教育入門 ●放射線の基礎と人体への影響●新潟水俣病の理解 ●統計入門●一次救命処置法 !"

元のページ  ../index.html#42

このブックを見る