新潟医療福祉大学 大学案内2018
16/148

コアカリキュラム保健医療福祉教養科目群● 連携基礎ゼミ各学科の学生と連携し「チームワーク」を実感。全学科の学生が混成で学び、担当教員の指導のもと、保健・医療・福祉・スポーツに関連した研究テーマを決定し、共同研究の成果を全体の場で発表します。こうした一連の作業を通じて関連職種への理解を促し、また日本語によるコミュニケーション技術の向上を図ります。チームアプローチの「基礎」を学ぶ。保健・医療・福祉・スポーツの現場では、各専門職でそれぞれ果たすべき役割がありますが、同時に異なる専門職同士の連携が不可欠です。この科目では、本学の「連携教育」の入門として、チームアプローチにおける各専門職の役割やその必要性と現状について学びます。【研究テーマ例 】■ 目を覚ますには?■ 声掛け効果による能力値UP■ 疲れない歩き方■ 食事とストレスの関係■ 別腹ってあるの?■ 色が与える影響 など連携教育他の専門職と連携するために必要な知識・技術を全学科共通で学びます。関連分野への基礎理解科目● ボランティアの世界● 心理学概論● 命の倫理● 臨床医の世界● コミュニケーション学入門● 人間を知る● アスリートの世界● シティズンシップ教育入門 など科目専門職を目指すにあたり、基盤となる保健・医療・福祉・スポーツ、自然科学、社会科学に関する基礎知識を身につけます。1年次関連分野への総合理解保健・医療・福祉・スポーツのそれぞれの分野を取り巻く、様々な制度や環境について幅広く理解を深めます。2年次本学独自の学び● チームアプローチ入門連携教育独自のカリキュラムでチームアプローチを実践的に学ぶ学科を越えて学ぶ連携教育で、真の「チーム医療・チームアプローチ」を実践。01

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る