拓殖大学 大学案内2018
98/164

International course97特別コースアメリカ留学(最大2年間)で、語学と専門知識を修得。アメリカの提携大学(下図)は2校とも長い歴史と高い実績を誇る大学で、高度な英語運営能力と各専門領域を学ぶにふさわしい環境です。また英語での講義に備え1年次から徹底的な英語教育を実施し、工学の専門領域を学ぶための語学力を身につけます。アメリカ提携大学の受入先[ 学びの特徴 ]入学1~2年次前期まで2年次後期~4年次後期国際コース 入試拓殖大学で学ぶアメリカで学ぶ拓殖大学で卒業研究アメリカ留学が前提のためコース独自の特別入試を実施しています。留学に備えて、工学の基礎を学びながら英語力を徹底強化します。専門知識やスキルを修得。留学生活で国際感覚や英語力も磨きます。帰国後は、拓殖大学で卒業研究に取り組みながら就職準備をします。世界に羽ばたくエンジニアの養成をめざす特別コース。工学部での学びを基礎に、最大2年間のアメリカ留学へ。国際コース「国際エンジニアプログラム」「航空機操縦プログラム」は、世界で活躍できるエンジニアを養成するために設定された特別なカリキュラムで学修します。工学部4学科のいずれかに所属し、入学から1年半をかけて工学の基礎と英語をしっかり学んだ後、アメリカ留学へ旅立ちます。国際コース機械システム工学科電子システム工学科情報工学科国際エンジニアアーカンソー工科大学TOEFL-ITP 500点以上デザイン学科アーカンソー工科大学(※グラフィックデザイン分野のみ受入)ネブラスカ州立大学カーニー校(※インテリアデザイン分野のみ受入)国際コース各プログラム名受入先本科入学基準(※アメリカ提携大学は2016年度現在の提携校)航空機操縦ネブラスカ州立大学カーニー校国際コースの英語学習を担当するマーティン メルドラム准教授国際エンジニアプログラム留学前には機械システム工学、電子システム工学、情報工学、デザインの各学科で専門分野を学び国際的なエンジニアに向けて素養を磨きます。帰国後は留学先で学んだ専門分野に応じた研究室に所属し卒論をまとめます。留学先授業料は拓殖大学に納付された授業料に含まれますが、渡航費用や家賃、食費、生活費、テキスト代、留学中保険料等は個人負担となります。留学に関わる費用航空機操縦プログラム留学先では実践的な飛行訓練と講義を受け留学期間内にFAA(米国連邦航空局)の事業用パイロット免許取得を目指します。帰国後は留学先のアメリカの提携大学で学んだ専門分野をもとに、卒業研究を行います。留学先授業料は拓殖大学に納付された授業料に含まれますが、飛行訓練費約48,000US$(2年概算)、家賃、食費、生活費、テキスト代、留学中保険料等は個人負担。留学に関わる費用FAAパイロット免許[自家用操縦士、多発限定、計器飛行証明、事業用操縦士]取得可能な資格※改訂等で変動します。※改訂等で変動します。「国際エンジニアプログラム」は工学部の4学科いずれかに所属し、「航空機操縦プログラム」は機械システム工学科または電子システム工学科に所属することが条件となります。アメリカ提携大学への留学条件として必要とされるTOEFLスコアが各大学で設けられています。取得したTOEFLスコアによっては留学ができない場合や留学中の成績によっては資格の取得ができない場合があります。留学中に提携大学の本科プログラムで取得した単位は、拓殖大学の卒業単位として認定されます。本コースの入試前にご注意いただきたいこと●●●Welcome toour course!

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る