拓殖大学 大学案内2018
90/164

基礎知識を修得し、専門分野で将来の可能性を拡張。「ソフト×ハード」のテクノロジーで次世代の技術者をめざす。電気・電子、情報通信など技術革新が進むエレクトロニクスのフィールドで時代を拓くエンジニアを育てる電子システム工学科。ソフトとハードに関する知識を基盤に、自ら考える能動的な学びで、社会に必要とされる応用力を養います。89電子システム工学科Department of Electronics and Computer Systemsインターネットやスマートフォン、衛星放送の海外中継などのネットワーク技術を、仕組みや構成技術から理解し学びます。このコースでは第一級陸上特殊無線技士および工事担任者の資格取得をサポート。将来は通信企業のエンジニアや無線技術士など幅広い業界で活躍する道が開けます。通信ネットワークシステムコース生活に身近なTVや携帯音楽で活かされる「AVシステム」を創造するために必要な電気・電子回路やデジタル信号処理、プログラミングなどを「人間の視覚と聴覚」の特徴を含めて総合的に学修。実験や実習を強化し、次世代システムに対応できる人材育成を目指しています。映像・音響システムコース生物を動かしている電気信号の動きを調べて生体のメカニズムを解明し、病院の医療や情報処理分野などで工学的に応用する技術を学びます。脳の機能を模した「ニューロ・コンピューティング」や神経細胞を使った「バイオ・コンピューティング」で注目を集める分野です。生物・生体システムコースパソコンや携帯型ゲーム機などで用いられる「データを数値化して取り扱うデジタル技術」に基づくシステムを多角的に学びます。コンピュータのハードとソフト両面を基礎から理解することで、プログラマーやシステムエンジニアなど人気職業への進路も視野に入ります。デジタルシステムコース人と人を「通信」でつなぐ技術を学び、次代のエンジニアへ。映像と音についての「仕組み」を理解し、次世代システムに挑戦。ますます小型・高性能化が求められるデジタル機器。その核となる技術を修得。医療や情報処理分野の新しい未来を開くテクノロジーを学ぶ。[ 4 つのコース ]2年次からコースを選択し、専門的な学びを深めます。

元のページ  ../index.html#90

このブックを見る