拓殖大学 大学案内2018
72/164

ゼロからの勉強で、こんなに中国語を好きになれるとは!平山先生(以下 H) ゼミ長を務める河内くんとの出会いは、2年次だったよね。いつも好奇心旺盛に質問をしてくる学生だなと印象的でしたよ。中国語の勉強はどうですか?河内さん(以下K) 今では中国語をこんなに好きになれるとは! と思うくらいはまっています。最初はまっさらな状態から始めたので、中国語独特の「四声」の発音に苦戦しました。同じ「マー」でも微妙な発音の使い分けで意味が変わってくるんですよね。特に声を抑えながら語尾を上げていく第三声は日本人には難しいとされる発音。でもある日、関西の人たちが「手」とか「目」とか言っている時のイントネーションと似ている! と気がついて、中国語の勉強が俄然楽しくなりました。H 2年次から実践的な授業になってくるだけに1年次での発音は、特にがんばりどころだね。とはいえ4年間を通して細かいところまで中国語をマスターしていけるカリキュラムだから、最初から完璧にならなくちゃ…と神経質にならなくても大丈夫。先生 学生対談理想を超えた!中国語学科ならではの驚くべき学修環境。中国語学科のココが面白い!平山 邦彦教授 × 河内 哲也さん中国語学科4年千葉県私立千葉明徳高等学校出身長い歴史により培われた拓殖大学の実践的な中国語教育。知識ゼロから中国語マスターへ導き、社会のニーズに応えます。拓殖大学創立時から蓄積された中国語教育の伝統とノウハウを受け継ぐ中国語学科。長年活発な提携校との留学制度も成長を育む好機会に。少人数クラスでネイティブ教員の指導のもと、初歩の発音からビジネスで使う中国語まで4年間かけて中国語を修得します。中国語学科Department of Chinese Language71

元のページ  ../index.html#72

このブックを見る