拓殖大学 大学案内2018
64/164

ニュースの出来事が、学びとつながって見えてきた。岡崎先生(以下O)志村くんは経済学を学んで3年になりますね。自分で変わったと思うところって、ありますか?志村さん(以下S) 高校までは与えられたものを勉強するだけで社会のことを深く考えたこともありませんでした。経済学を学んでからは、ニュースで流れていることの仕組みがつながりでわかるように。知識や学びが身になっている!と実感できて嬉しいですね。ニュースの背景や経緯から物事を考えるようになったと思います。O ロジカルな思考も身についてきましたね。複雑な現代社会においては、複合的にものごとを見て、自分の答えを導きだす思考や判断のプロセスが大切になってくる。社会はどういう構造を持っていて、どうすればよくなるのか?より良い社会をつくるための学問が経済学とも言えるでしょう。S 情報が溢れる時代だからこそ、情報にふりまわされないよう、自分なりに考えたいですね。先生 学生対談より良い社会を考える経済学は、難しいものじゃない。経済学科のココが面白い!岡崎 哲郎教授 × 志村 和良さん経済学科4年山梨県 甲府市立甲府商業高等学校出身「経済学」の知識が世の中の動きとつながる学びから、より良い社会を構想して経済問題の解決手法を探る。経済学を学ぶ意義は利益の追求ではなく誰もが幸せな社会をつくることにあります。本学科では、世界規模の市場経済から一般家庭の経済まで幅広い現象にアプローチして経済学的な視点を養い、より良い社会を構想し、選択していく判断力を鍛えていきます。 経済学科Department of Economics63

元のページ  ../index.html#64

このブックを見る