拓殖大学 大学案内2018
6/164

「拓殖大学教育ルネサンス」新たな時代へ、みなさんと共に成長する拓殖大学学長 川名 明夫文京キャンパス拓殖大学は、世界で活躍する真のグローバル人材育成を建学の精神に掲げ創立されました。長い歴史を通して国内外で活躍する多くの先輩たちを輩出し、国際大学の先駆けとして伝統が継承されています。現在は、創立120周年と東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向け、一昨年より「拓殖大学教育ルネサンス」が進行中。国際的な視野とタフな人間力を持つ「拓殖人材(右ページ参照)」の育成に、いっそうの力を入れて取り組んでいます。各プロジェクトが、着実に実を結んでいます。 この「教育ルネサンス」を実現するためのプロジェクト〈2020 TAKUSHOKU NEW ORANGE PROJECT〉は、すでに多くの成果を上げています。例えば、「英語力の強化」のため、TOEIC®テストの受験料補助を実施。また「ゼミナールの強化」を掲げ、各学部のゼミが発表会や学外コンペに参加し優れた結果を出しています。さらに日本初、フランチャイズ・ビジネスの「寄付講座」を開設。日本を代表する企業の方々に講義いただきました。また、学生と教職員が連携協力して国際交流やスポーツ振興などを推進する「2020広報プロジェクトチーム」がスタート。多くの企画が成功を収め、活動は大きく拡がっています。教育ルネサンス3年目となる今年は、さらに多くのプロジェクトを実らせていきます。挑戦と成長を楽しむ、そんな大学生活を支援します。 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、世界から日本に注目が集まる中、文化をはじめとする真の「日本の良さ」を国際社会に向けて正しく発信する人材が求められています。拓殖大学では日本人と留学生が共に学ぶ環境をいっそう拡充し、世界で活躍できるコミュニケーション力を持った人材を育成していきます。また、AIがどれだけ進化してもコンピュータにはできない“自ら考え行動できるタフネス”“他者に共感できる人間性”を育んでほしいと思います。そのためにも、先輩たちの挑戦と成果を引き継ぎ、さらに多くの学生が輝き、成長を自ら実感できる環境を確立したいと考えています。拓殖大学への入学を考えているみなさん、ぜひこの変化を楽しみながらチャンスをつかみ、共に成長していきましょう。05

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る