拓殖大学 大学案内2018
5/164

国際人を生み出してきた拓殖大学の歴史04本学の前身「台湾協会学校」開校(初代校長は桂 太郎)。1期生100名と共に拓殖大学の歴史が始まりました。9月 台湾協会学校 開校茗荷谷に校舎完成(現文京キャンパス)麗澤会発足第一回語学部大会(現語劇祭)開催東洋協会専門学校に改称同窓会(現学友会)発足恩賜記念講堂完成箱根駅伝初出場(第14回大会)新制紅陵大学設立認可(商学部・政経学部)外国語学部を設置商学部・政経学部の教養課程を移転国際開発学部(現国際学部)を設置天皇・皇后両陛下ご臨席のもと創立百周年記念式典挙行大学昇格拓殖大学(専門学校令による)に改称文京キャンパスにA館完成紅陵大学へ名称変更戦後初の大学祭(紅陵祭)開催拓殖大学へ名称復元拓殖大学ルネサンス事業完了大学令(1919年施行)による東洋協会大学設置八王子キャンパスを開設全学部・4年間同一キャンパス一貫教育スタート商学部・政経学部 文京キャンパス全面移転八王子キャンパスを八王子国際キャンパスに名称変更八王子キャンパスに工学部を設置拓殖大学教育ルネサンス開始「2020 TAKUSHOKU NEW ORANGE PROJECT」スタート※拓殖大学と同時に、龍谷大学、専修大学、立教大学、立命館大学、関西大学が私立大学として認可されました。1901[ 明治34年 ]1902[ 明治35年 ]1907[ 明治40年 ]1914[ 大正3年 ]1918[ 大正7年 ]1922[ 大正11年 ]1932[ 昭和7年 ]1933[ 昭和8年 ]1946[ 昭和21年 ]1949[ 昭和24年 ]1952[ 昭和27年 ]1977[ 昭和52年 ]1987[ 昭和62年]2000[ 平成12年 ]2015[ 平成27年 ]1909[ 明治42年 ]1900[ 明治33年 ]Takushoku University History

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る