拓殖大学 大学案内2018
123/164

122Takushoku University学費・諸経費■ 奨学金制度学生の本気を、経済面でも支えます経済面が学びを妨げないように。そして頑張った学生の本気に応えるために。拓殖大学では各種の奨学金のほか、奨励金制度も整えています。学生生活を思う存分充実させてください。※支給額以上の他の奨学金を受けている者、国費外国人留学生は出願できません。(注1)「その他の納付金」は、学生生活懇談会費です。(注2) 諸費内訳24,300円次年度以降②+③+⑤+⑦28,900円初年度合計①~⑥6,500円⑦学友会費(2~4年次)10,000円⑥学友会入会金(初年度のみ)1,600円⑤学生健保会費(1~4年次)100円④学生健保入会金(初年度のみ)10,000円③後援会費(1~4年次)6,200円②麗澤会費(1~4年次)1,000円①麗澤会入会金(初年度のみ)■ 学費・諸経費商学部・政経学部988,300次年度以降1,043,3001,336,300200,000336,000336,000290,000-2,00028,9001,192,900856,900336,000入学金授業料(前期)授業料(後期)施設設備資金実験実習料その他の納付金諸   費合計(一括)分割納入(前期)分割納入(後期)200,000393,500393,500230,000-2,00028,9001,247,900854,400393,500学 費納 入名称学習奨励金商学部奨学生政経学部奨学生外国語学部奨学生国際学部奨学生工学部奨学生種別金額期間募集時期採用人数選考方法名称種別金額期間募集時期採用人数選考方法選考方法書類審査(願書、所得証明書、成績証明書、小論文)・面接の審査により決定書類審査・面接(留学生も対象)書類審査・面接(留学生も対象)書類審査・前年度成績等を総合して判定(留学生も対象)書類審査・面接(留学生も対象)書類審査・当該年度の10月末に前期成績等を総合して判定(留学生も対象)拓殖大学学 友 会年額25万円年額30万円年額30万円年額25万円年額25万円年額25万円1年1年1年1年1年1年4月中旬4月初旬4月初旬(公募なし)(公募なし)(公募なし)76名20名程度(2~4年生)20名程度(2~4年生)12名程度(2~4年生)12名程度(2~4年生)12名程度(2~4年生)給付拓殖大学学友会奨学金書類審査(志願書、成績証明書、小論文)・面接(留学生も対象)※新入生のみ対象となります。10名程度9月4年(毎年度資格審査を行う)年額30万円給付学友会とは本学の学生および卒業生の親睦を主たる目的とした同窓会組織です。日本学生支援機構(JASSO)奨学金第1種申請内容(申込書、所得証明書、出身学校調査書)の審査等により決定877名(2016年1月現在)2,442名(2016年1月現在)4月中旬(原則として 年1回の募集)自宅月額3・5.4万円自宅外月額3・6.4万円貸与無利子貸与無利子卒業後年3%上限日本学生支援機構(JASSO)奨学金第2種その他、地方公共団体、民間育英団体の実施している奨学金もあります。 学外制度採用時から卒業時までの最短修業年限(継続審査あり)より希望額を選択月額3・5・8・10・12万円より希望額を選択外国人留学生対象拓殖大学外国人留学生奨学生第2学年以上の学部外国人留学生。次の1~3に該当する者は出願できません。1.他から年間20万円以上の奨学金を受けている者2.外国人体育特別奨学生3.過年度の受給者(応募条件および選考方法は変更の可能性があります)10月中旬1年年額20万円年額20万円年額20万円年額20万円最長4年間月額4.8万円給付西郷隆秀顕彰記念外国人留学生奨学生10月中旬1年給付学内制度学外制度拓殖大学後援会外国人留学生奨学生10月中旬1年給付拓殖大学後援会国際学部外国人留学生奨学生国際学部1年次に在籍する外国人留学生/留学ビザを有する者/他から年間20万円以上の奨学金を受けていない者5名10月中旬給付拓殖大学後 援 会文部科学省外国人留学生学習奨励費給付制度人物・学業成績ともに優秀な者/留学生活上、経済的援助が必要と認められる者/正規生(在留資格「留学」)として在籍する者30名程度4月1年給付その他、地方公共団体、民間育英団体の実施している奨学金もあります。 ※学内奨学金は変更の可能性があります。書類審査・面接により決定6名程度(2~4年生)1名程度(2~4年生)30名程度(2~4年生)(単位は円)※学費等は改定する場合があります。(上記は2017年度参考)外国語学部・国際学部200,000440,000440,000300,000130,0002,00028,9001,540,9001,100,900440,000工学部学内制度

元のページ  ../index.html#123

このブックを見る