拓殖大学 大学案内2018
110/164

109BUNKYOCAMPUS文京キャンパスライフ大学まで約30分、池袋近くのマンションで一人暮らしをしています。100%自炊というわけにはいきませんが、外食の場合でも栄養バランスは意識しています。大学は駅から近く本当に便利。授業の空き時間に余裕がある時は食事やショッピングで学外に出かけることもあります。学内の設備では特に学生ホールがお気に入り。友達とよく集まっては何時間も話し込むこともあります。山梨出身で、東京への憧れがあった僕にとって、都心という立地で、学びたいことが学べる拓殖大学はまさに理想の大学。力を入れている授業はゼミ(人的資源管理研究)です。学校周辺に研究の対象となる企業が多く、とても勉強になります。私生活、大学での学び、両方で東京生活を満喫しています。鶴田 英人さん商学部 経営学科 4年山梨県立日川高等学校出身文京キャンパスは、閑静で文化の香り高い文京区にあります。最寄りの「茗荷谷駅」で降りて3分ほど歩くと、都心でありながら緑に囲まれたキャンパスが現れます。どんな学生生活なのか、ちょっと見てみましょう。● 家 賃:¥67,000● 食 費:¥20,000● 貯 金:¥10,000● 仕送り:¥67,000(※家賃のみ) ● アルバイト代:¥80,000● 趣味・交遊費:¥15,000● 通信費その他:¥20,000支 出収 入CAMPUS LIFE学びにも遊びにも便利な環境。東京での学生ライフを満喫しています。学内でのお気に入りはE館の学生ホール。明るく広々した空間は、開放感たっぷり。授業の合間のみんなの定番の場所です。軽食やお茶も楽しめるので、毎日のように来ています。おしゃれで開放感がある空間専門分野の授業に突入。先生の話は聞き逃せません。学内にはリラックスできる場所があちこちに。BUNKYO駅から近いので、1限目の授業がある時も余裕です!先輩たちの1ヵ月の収支は?Cost of living

元のページ  ../index.html#110

このブックを見る