愛知教育大学 大学案内2019
47/84

取得できる免許2020年、小学校でプログラミング教育が始まり、ICTを活用した授業や情報教育はますます重要になっていきます。私はコンピュータビジョンに関する研究に加え、小学校でのプログラミング教育の内容なども研究。授業ではプログラミング技術を学び、コンピュータを自在に操るスキルを身に付けます。情報選修・専攻のある大学はまだ少なく、自発的に問題解決を行う教師の育成をめざしています。情報教育の進む教育現場で、 自発的に行動できる人になってほしい。[ 担当科目 ] プログラミング、情報教育入門、画像情報処理 など[ 専門・研究分野 ] コンピュータビジョン、教育支援システム開発福井 真二准教授Shinji Fukui[ 主免 ]卒業と同時に取得できる免許 [ 副免 ]所定科目の単位修得により取得できる免許◎初等教育教員養成課程/情報選修[ 主免 ][ 副免 ]小学校教諭1種免許状中学校教諭2種免許状(※1)幼稚園教諭2種免許状◎中等教育教員養成課程/情報専攻[ 主免 ][ 副免 ]高等学校教諭1種免許状(情報)中学校教諭1種免許状(「数学」もしくは「技術」)(※2)高等学校教諭1種免許状(「数学」もしくは「工業」)(※2)小・中・高の教員のほか、情報に関する知識を生かして企業にも就職しています。将来のフィールド授業紹介タブレットPCを活用した模擬授業プレゼンテーションの授業風景高等学校での模擬授業ノートPCを使った計算ソフトを学ぶ授業風景情報選修|専攻Aichi University of Education | 47※1 初等課程の学生は、入学時に中学校教員免許の希望教科(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語)を調査し、決定されます。 ※2 中等課程の学生は、入学時に希望教科(「数学」もしくは「技術」「工業」)を調査し、決定されます。 主な学修領域《初等教育教員養成課程/情報選修》学校全体の情報化への対応情報活用能力や情報モラルを育成するための授業の実践ICTを活用した授業の実践「教授学習論」や「コンピュータ利用教育」「授業デザイン論」などの授業を通して、授業においてICTを効果的に使うための理論的・実践的な基礎を学びます。「初等情報研究」や「初等情報教育」などの授業で、情報活用能力や情報モラルなどを育成するための指導法について実践的に学びます。「コンピュータ通論」や「情報通信ネットワーク」などの授業から、情報科学の基礎やネットワークの基礎について学びます。《中等教育教員養成課程/情報専攻》教育におけるICTの活用普通教科情報および専門教科情報を指導するための教科教育法情報科学の基礎から応用「プログラミング」「情報通信ネットワーク」「システム設計論」「メディア表現入門」の講義や実習を通して、情報科学の理論的および技術的な基礎を習得します。「情報科教育CⅠ・CⅡ」などの授業を通して、教科情報の指導方法を実践的に学びます。「教育工学研究」「教育統計」などの授業を通して、ICTを効果的に活用するための理論や実践方法について学びます。

元のページ  ../index.html#47

このブックを見る