広島市立大学 大学案内2018
97/150

情報科学部の教員が中心となって指導に当たり、未来の科学者の卵を育成する教育プログラムです。卓越した意欲・能力を有する児童を見つけ出し、その力をさらに伸ばすことを目的としています。数学や理科はもちろん、さまざまな分野の学問が結び付いた「情報科学」を基礎の積み上げにより理解することは容易ではありません。そこで、小学5年生の段階から保護者と一緒に、「ラインレースロボット」を題材として、体験を重視した実験・実習を行うことで、高度で発展的な情報科学の知識や技術に年間を通じて継続的に触れる機会を提供しています。また、取り組みの中心は小学5、6年生の児童ですが、保護者も同一プログラムに参加することにも大きな特徴があります。これにより、取り組みの効果が単に参加児童だけでなく、家庭にも波及することが期待できます。本学のさまざまな特性を最大限に生かし、効果的な取り組みを実施している特別教育プログラムです。CS(ひろしまコンピュータサイエンス)塾プログラミング等を学ぶ講座の様子096

元のページ  ../index.html#97

このブックを見る