広島市立大学 大学案内2018
92/150

明星学園高等学校出身矢坂 知嗣熊本県立熊本第二高等学校出身芸術学部 美術学科 日本画専攻 3年亀川 果野描くだけではなく、素材から知る。そうした学びに魅力を感じた。やらない後悔より、やって後悔。どんなことでも夢があるから挑戦できる。街中に美術館が複数あり、文化的魅力も高い広島の地に引かれて入学を決めました。入学後は「悩むよりも行動する」ことを常に意識し、アートプロジェクト、インターンシップ、教育実習、サークル活動など、興味のあるものには積極的に参加しています。まずは行動。やらないで後悔したくはありません。1人で作品制作を行うことが多かった自分にとって、「大塚竹林パイオニアプロジェクト」(竹を素材にした作品を制作し展示するアートプロジェクト)に参加し、仲間と協力して制作を行った体験は、とても印象に残っています。完成したときの達成感と喜びは忘れられません。また、インターンシップで小学校を訪れた際には、子どもたちと接することの大変さを実感すると同時に得るものも多く、将来教師になるという夢を持つきっかけになりました。自分が置かれている状況に満足せず、さまざまなことに参加し交流を深めていくことで、自分の視野が広がっていることを実感しています。高校生のときに日本美術院の公募展「院展」を訪れ日本画の美しさに引かれたことが、日本画の道へ進んだきっかけです。その出品作品の作者に、広島市立大学の教員が多く含まれていることを知り、この大学を選びました。入学して感じたことは、大学の施設はとてもきれいで設備が整っているということ。制作に集中して取り組むことができる環境です。日本画制作には無くてはならない岩絵の具や和紙を自分たちで作ったことは、とても印象に残っています。岩絵の具の元になる岩を細かく砕き、普段私たちが使っている粉末状の顔料をつくります。和紙も自分たちですきました。描くための材料として接するだけでなく、素材や製法を実感することはとても重要な経験になりました。課外活動では、天文学研究会に所属し部長を務めていますが「人を引っ張る」ことについて迷うことがあります。そんな時には基本を見直し、一つずつ積み上げていくことが大切だと考えています。Voices(在学生)芸術学部 美術学科 彫刻専攻 4年091

元のページ  ../index.html#92

このブックを見る