広島市立大学 大学案内2018
65/150

連携大学提供科目(学士課程)臨床情報医工学特別研修医療系実習医学系、歯学系、薬学系、保健学系の4つの分野を対象に、医療現場での実習を行います。実習を通じて、学修目標がより明確になり、主体的な学びの姿勢も養われます。異分野の学生グループが1つのチームとして、それぞれの専門分野の知識・経験を持ち寄り、それまでの体験で発見した課題を分析し、解決策を導き出す過程を学べます。●夏季休暇を利用して約1週間、実際の医療現場での実習を行います。4大学合同で行われるので実際の現場に触れられるだけでなく他大学の学生と交流を深めることができます。●実習を通じて現場で求められることを学べるだけでなく、特別研修の機会を通してグループディスカッションや研究成果の発表を行いグループワークやディスカッションの力を培います。臨床情報医工学プログラムでは、座学を遠隔地双方向講義システムにて行っています。このシステムで本学にいながら、広島大学の医学に関する授業、広島工業大学の医療機器に関する授業、広島国際大学のチーム医療に関する授業などを受講できます。実践力を鍛える実習・演習幅広い基礎力を培う講義臨床情報医工学プログラムとは?●本プログラムは、広島大学、広島工業大学、広島国際大学と本学の4大学連携で実施している大学間連携共同教育推進事業です。●広島大学の医学に関する授業、広島工業大学の医療機器に関する授業、広島国際大学のチーム医療に関する授業などを受講できます。●地元の主要な病院(広島大学病院、市民病院、県立病院など)で、実際に医療現場での実習を受けることができます。●広島市内を中心とした県内の医療機器関連の企業での研修(インターンシップ)を経験できます。●情報の知識や技術だけではなく、医療、医工学、医療理工学の知識を兼ね備えた人材になることができます。※必修科目の医歯薬保健学、医療系実習は医用情報科学科の卒業単位として認められます。広島大学広島工業大学広島国際大学保健医療学概論医用工学と医療機器医歯薬保健学*各大学のカリキュラム編成・更新の都合上、本プログラムの内容は予告なく変更・廃止されることがあります。064

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る