広島市立大学 大学案内2018
57/150

情報科学部 知能工学科VRやARの技術を活用して仮想空間の中で能動的に学習活動が行えるシステム開発を研究しています。学習者がいつでもどこでも楽しく安全に化学の実験をしたり、その他の科目のスキル学習を自発的、能動的に行えたりできることを目指しています。研究紹介人間の知的能力をコンピュータで実現するため、人間の脳に対応する知識・思考・学習などに着目した知能情報システム技術の教育研究を行っています。例えば、インターネットで買い物をすると他のお薦め商品を紹介してくれるようなシステムでは、上手に推薦するために、過去の膨大な販売履歴から法則性を見つけ出すビッグデータ解析技術が用いられています。このように社会の中の非常に多くのデータから重要な知識や規則を抽出する、問題解決のためのさまざまな解決方法の中から効率的に適切な解を見つけ出す、コンピュータ自身が自分で問題解決のための知識を獲得する、人間の持っている感覚や経験をコンピュータで実現して社会に役立つ有用な規則を発見することなどを対象としています。そのため、これらの知識情報処理に必要な人工知能、データマイニング、機械学習、知的情報検索エンジン、エージェント、発見的探索などを学びます。知能ソフトウェアコースVR/AR技術を用いた先進的な学習支援システムカリキュラムの詳細は広島市立大学知能工学科カリキュラム知能をつくる知能ソフトウェアコースでは、コンピュータを鍛えてどんどん賢くするための機械学習や、私たちの勉強やトレーニングを楽しく効果的なものにするための学習工学などについて学ぶことができます。056

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る