広島市立大学 大学案内2018
19/150

「地域に愛着・誇りを持ち、地域に根付いて、その発展に貢献する人材」の育成を目指して、①広島および周辺地域の魅力や現状を知り、②課題解決に向けた方策を考え、③自治体や企業等と連携し、④各学部等の専門性を発揮して活動することが段階的に身に付くように、選択的に学べる「地域貢献特定プログラム(23科目)」を、全学部の教育課程に組み入れています。このプログラムでは、大学内での講義のほか、学外での実践的な学修活動も行います。※COC+とは、「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」のことで、自治体・企業等と協働して地域に貢献する人材育成を行う大学に対する文部科学省の補助事業です。本学は、2015年度にこの事業に応募し、採択されました。完成予想図施設概要●日本人学生3人・外国人留学生3人を基本に、計6人で1つのユニットを構成して共同生活を行う長期滞在者用ユニットを整備。●「外国語集中特講」の実施や海外学術交流協定大学等からの受け入れなどが可能な短期滞在者用ユニット、180名収容可能な大集会室、日本文化の体験交流(茶道・書道など)などに活用できる和室等を整備。広島・地域を学ぶ科目が充実(COC+※関連)08構造:鉄筋コンクリート造6階建 定員:116人(長期滞在96人、短期滞在20人)主な諸室018

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る